FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

それぞれの想い 8

翌日の記者会見。

普段はうちの定例会見にも入れないような低俗の週刊誌も入れるようになっていた。

これも二宮の配慮。

つくしの周りを嗅ぎまわられるよりは、全て俺に聞けばいい。

俺はやましい事なんて何もしていない。

全て洗いざらい喋ってやる。

「今日の会見は全て質疑応答で行います。時間がないので1社1問づつでお願いいたします。」

ざわめく会見場。

始めはありきたりな質問から。

そのうち、腹が立ってくるような質問に変わる。

「今の奥様は愛人だったという事ですか?」

愛人…?

そんな卑しい言葉で表すな。

「彼女は私が渡米する際に、4年後迎えに来ると約束した方です。
結婚前に別れてから離婚直前まで一度もお会いしていません」

「今の奥様は男性と同居されていたという話ですが、奪略になるのでしょうか?」

「意味がわかりませんね。同居していた男は私の友人です。生活に困らないように支えてくれていただけです。男女の関係でもございません。」

「どうしてそんな事がわかるんですか?5年以上連絡もしていなければわからないとは思いますが」

無性に腹が立つ。

お前らにつくしの何がわかる。

体に聞けば一発だっつうの。

「それは私たちの間に信頼関係があったからです。そして、彼女は私の子供を産んで育てていました。私の代わりだと、愛されていた証だと言ったんです。そんな彼女に誰が手を出すと?私の友人もそこまでバカではございません。」

類までバカにされているような気がして、そこにも腹が立った。

自分で言い出したこの会見。

くだらないし投げ出してやりたいけれど、これ以上つくしが傷つくのは避けたい。

気丈に振る舞っていても、タマから週刊誌を見ていたと聞いた。

人にどう思われていようと気にしない奴だけど、俺が、気にくわないんだ。

「前妻との間にはなぜお子さんはいらっしゃらなかったんですか?」

「私は前妻と寝室を共にした事は御座いません。」

「つまりは完全なる政略結婚だったと?」

「はい。それも離婚前に業務提携、資本提携の解約も終え、繋がりは一切ございません。」

「それでは今後道明寺ホールディングスは安泰と言えるのでしょうか」

「もうどこの援助もいらないほどに立て直しています。数年先まで黒字決済は見込めていますので、ご心配には及びません。」

テレビの向こうで、つくしはどんな思いをして見ているのだろう。

こんなプライベートな事、本当なら話したくないんだからな!

俺に後ろめたい事があるならば、あの時つくしと別れた事だけ。

病室のベッドの上で、もう済んだ事だとは言ったけど、やっぱり後悔はしてしまう。

そして、言わなかったつくしへ怒りもこみあげてくる。

さっきの話で、話はだんだんと会社の利益へシフトチェンジされた。

これは好都合。

質問に適当に答えながら、軽く流す事が出来る。

「では次で最後の質問です。」

二宮の声に、1人の男が手を挙げた。

「お子さんは、本当に道明寺専務のお子さんなのでしょうか?4年も離れていた過去がありますよね?専務のお子さんではないから知らせなかったのでは?」

ピキっとこめかみに青筋が出るのが自分でもわかった。

その記者を睨みつけると、他の記者が手を止める。

会見場が一気に冷ややかな雰囲気になった。

「俺と瓜二つの息子が、他の男の子供だと?フン、ならばその男を連れてきていただきたいくらいだ。DNA鑑定の結果でもあれば納得しますか?いずれ公の場に息子も登場するでしょう。その際は、私の実子で間違いないと記事にしていただきますよ。」

不意に亜門の顔が浮かんだ。

あいつだったら・・・

それでも、天然パーマまでそっくりな奴はいないだろう。

「以上で会見を終了させていただきます。今後の会見は規制させていただきますので、そのおつもりでよろしくお願いいたします。お疲れ様でした。」

記者たちに、変な記事を書けば次は入れないぞと圧を掛ける。

二宮はそういうところも頭がキレるやつだ。

そのままエレベーターに乗り、執務室へ。

椅子に座りため息をつくと、二宮が入ってきた。

「今日はこの書類で終わりです。たまには早く帰られるのも良いと思われますよ。」

早々に自宅に帰った。



ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

知らないって怖い

物語面白かったです!
気になったのは、司の気持ちと親友たちとの気持ちが少しズレてるとこですかね『類までバカにされているような気がして、そこにも腹が立った』
とまあ司の気持ちなんだろうけど・・・( ̄▽ ̄;)

でも類が実際つくしに手を出そうとしてたのは事実なんだよね。
ただ司が知らない知らされてないだけの話。
確かにベットで繋がる寸前で止めたとはいえ、
そこまでの裸同士で行為はちゃっかりしてるわけで。
いきなりキス→合体ではないから(笑)。
また、濃厚なキスしたり、つくしの胸に顔埋め抱きしめて寝るとか・・・
これを手を出してないとはいえないですよね(^_^;)
ていうか主が留守のときに泊まりにくるなよ・・・非常識だつの。
つくしが強く断れないのを分ってての確信犯の類が許せん!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/97-ba44142f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR