FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

コントロール 4

「つくしさん、帰国前に一緒にフランス行くわよ。」

『へ?あたしもですか?』

「えぇ。安定期にも入ったし、帰国したら司が離してくれないでしょう。産まれてからでは遅いのよ。」

『わかりました。用意しておきます。』

「フランスからの帰国になりそうね。そのつもりで。」

『はい。』

NYの邸を離れる日が早まった。

荷物の整理は使用人に任せることにした。

時間もないし、今のあたしじゃ全然作業が進まないからだ。

数人でテキパキと作業しているのを見ると、あたしがやらなくて正解だったかもと思えてくる。

フランスでも、会長と一緒に会議に参加して、会食に連れまわされ。

どこに行ってもあたしの妊娠を喜ばれた。

もちろん、社交辞令だというのはわかっているけれど。

「明日の夜は社交界のパーティに参加します。お父様も駆けつけるわ。あなたにもエスコートしてくださる方を用意いたしました。メープルにいらっしゃる約束をしています。」

誰だろ?

司?

会長がそんな粋な事をするだろうか。

頭に疑問符を浮かべたまま、次の日を迎えた。

世界中どこにでもいる、道明寺のスタイリスト達。

いつものような体の線に沿うようなデザインではなく、ウエストがゆったりとしたデザインのドレス。

5センチ程度のヒール。

いつもこのくらいならいいのになぁ。

司に合わせると10センチくらいのヒールばかりで転びそうになる。

だいぶ慣れては来たけれど、出来ればローヒールでお願いしたいところ。

待ち合わせ場所だというエントランス。

見慣れたシルエット。

え?

『類?』

「牧野」

『もしかして、類と一緒に行くの?』

「そうみたいだよ。俺も相手いないし、丁度よかったんだ。」

『大丈夫かなぁ…』

「あぁ、パパラッチ?」

『類も見たんでしょ?』

「うん。よく撮れてたね」

『もう、司怒らせたくないんだけど』

「大丈夫だよ、今回はおばさんたちも一緒なんだから。」

『・・・そうだよね、親公認の不倫なんてないよね。じゃあ、今日はよろしくお願いします。』

「はい、奥様」

類にエスコートされ、パーティ会場へと向かった。

あたしが聞きとれないフランス語は、類が翻訳してくれる。

初めて会うヨーロッパが資本の会社のお偉いさん達とも仲良くなれた。

「次はぜひ、ご主人と一緒に」

類が友人だと話せば必ず言われた。

あたしだって、司と来たかった。

それが叶わないほどあいつが忙しい事は、仕事を覚えて痛感している。

「牧野?」

『・・・何?』

「ボーっとしてる。疲れた?」

『ううん。ちょっとだけ、司の事考えてた。』

「もうすぐ会えるんだから」

『そうだよね。』

類と過ごす時間は穏やかで、あたしたちの周りだけ時間がゆっくり流れているような感覚になる。

それにあたしは癒されるけど、心から求めているのは違う。

時々けんかして、甘えられる司の隣がいいって思っちゃう。

早く、会いたいよ。

ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

続きがあってよかったです

Re: タイトルなし

ふうな様

コメントありがとうございます。
このお話も、あと一話で終わってしまいますけどね。
次は誰との絡みにしようか、迷ってます。

とても面白くて過去のものから一気に読んでしまいました。毎日更新が楽しみです☆

Re: タイトルなし

ピンクスティッチ様

コメントありがとうございます。
しばらく更新はお休みするのですが、再開した際には再び楽しんでいただけたらと思います。

これからも当サイトをよろしくどうぞ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/81-396e75d4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR