FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

コントロール 2

「はぁ、緊張した」

フッと秘書を見れば、浮かない顔をしている。

「牧野を騙すみたいで気が引ける?」

「・・・はい。専務は・・・正直どうでもいいんですけど、取締役が悲しむのは見たくありません。」

「プッ・・・司をそういう風に言う人、牧野以外で久しぶりに見たかも。大丈夫、牧野のフォローはちゃんとするから。部屋、案内してくれる?」

「あ、すいません!こちらです」

牧野の性格が移ったのか、本来そういう性格なのか、牧野を信頼している姿。

ちょっと、いや、かなり好感が持てた。

「取締役、お客様がお見えです。」

『はーい。どうぞー』

秘書の後ろから顔を出す。

「まーきの」

『類!どうしたの?出張?』

「そ。ディナーでも一緒にどうかと思ってね。」

『行く!今日1人でご飯だと思ってたから嬉しい!』

「よかった。お腹、少し目立ってきたね?」

『うん。』

ソファーに向かって歩いてきた牧野は、少しゆったりしたワンピースだった。

「さっき、司の母ちゃんに会ってさ、牧野を食事に連れて行ってやれって。」

『お母様が?』

「レストラン予約するからって。一杯食わせろって言われたんだけど。」

『食べすぎも良くないのよ。つわりおさまって食欲増して大変なんだから。』

「司より大事にされてんじゃないの?」

『大事な跡取り妊娠中だからね。すごい良くしてもらってるよ。』

「牧野が頑張ったからでしょ?すごい事だよ。」

『ありがと。褒めてくれて。』

「仕事もうすぐ終わる?」

『うん、もうちょっと。待っててくれる?』

「いいよ。ここで寝てる。」

ソファーに横になると、時差ボケからかすぐに眠れた。

『類、起きて。仕事終わったよ』

「・・・ま、きの?」

『疲れてるんじゃないの?大丈夫?』

「うん。だいじょーぶ。」

まだ醒めきらない頭。

牧野に起こされるって、なんかいいね。

少しボーっとした。

「行こうか」

『やっと起きた』

少し笑って、牧野の部屋を後にした。



「牧野が運転手付きだなんて、変な感じ」

『あたしも一向に慣れないのよ。こっち来てからずっとなんだけどね、たまには地下鉄乗りたくなる。』

「秘書までついちゃって。」

『可愛いでしょ?美香ちゃん。なんだか妹みたいな感じ。』

「少し話したんだけど、牧野の事大好きみたいだよ?」

『本当に?良かったぁ。今度、あたしも好きだよって伝えとく』

「変な上司だって思われるよ」

車は静かにメープルのエントランス前で止まった。

先に降りた俺が手を差し出せば、少し照れた牧野が手を重ねた。

「足元気をつけて」

妊娠中の牧野を支えるのも俺の役目。

牧野の手を俺の肘に添えると、エレベーターへと歩いて行った。

途中支配人が牧野に走って寄ってきた。

『(今日はプライベートです。私よりお客様に目を向けてください)』

支配人を下がらせ、エレベーターに乗る。

「牧野、カッコ良かったよ」

『へ?何が?』

「さっきの。支配人寄ってきたじゃん」

『あぁ、あたしに媚売ったって何にもならないのにね。だったらお客様の相手しなさいっつうの。会いたきゃあたしから出向くわよ。』

「ククッ、俺らにはその感覚がないんだよ。牧野らしい」

ワンフロアに一軒のレストラン。

マンハッタンの夜景が見下ろせる、VIPルーム。

『この部屋、久しぶり』

「誰と来てんの?」

『・・・司。あ、お母様とお父様とも来た事あるかな。』

「道明寺家の専用の部屋みたいだね」

『そうかも』

アルコールが飲めない牧野にはジュースが用意され、乾杯した。

「牧野は2人分食べなきゃね」

『それは戦後の食が貧しい時代の話よ。今は食べすぎも太りすぎも良くないの。』

「おばさんに任されてるんだから。いっぱい食べなきゃ俺が怒られるだろ?」

『じゃあ、今日だけはいっぱい食べる!』

美味しそうに食べる姿に、俺も自然と食が進んだ。

他愛のない会話も、牧野となら楽しい。

『類、今日はご機嫌だね。』

なんて牧野に言われるくらい、俺は笑っていたらしい。

デザートまでキレイに食べて、俺たちはそれぞれの家に帰った。



ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/79-33bbeb3a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR