FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

証 18

まただ。

2度もこんなことがあるなんて。

目が覚めたらまたあたしの事を忘れちゃうのかな?

そんなの嫌だよ。

あの大きな体で、蓮を抱きしめてよ。

あたしを抱きしめてよ。
 
どうか無事に戻ってきて…

どのくらいの時間が経ったのだろうか。

パタパタと足音が聞こえてくる。

その方向に顔をあげると、類たちが蓮を連れて来ていた。

『蓮』

蓮を抱きしめる。

『どこも痛くない?』

「うん。さっきおいしゃさんにみてもらったよ?」

類「さっき小児科寄ってきた。何ともなかったよ。」

『よかった~』

「おとうさんは?どこ?」

『今ね、お医者さんたちがお父さんのけがを治してくれてるの。お母さんは、ここで早く治れーってお祈りしてたんだ。』

「じゃあぼくもする!」

隣に座り、手を合わせ始めた。

今まで父親の事をちゃんと話した事などなかった。

理解できる年齢だと思っていないし、類たちがパパ代わりをしてくれていたから。

なのに、今日1日でお父さんが出てきて、知らないうちに連れて行かれ、お父さんはけがまでしちゃって。

4歳児が抱える問題ではない事くらいわかってる。

でも受け止めてほしい。

これが現実なんだ。

手術中のランプが消える。

中からドクターが出てきた。

「ご家族の方は・・・?」

顔を見合わせる。

『あたし聞きます。』

「同乗されてきた方ですね。では、こちらへ」

蓮を類たちに預け、カンファレンスルームへと向かう。

「後遺症が残るかもしれません。」

あたしが看護師だとわかっていて、専門用語を使って話していくドクター。

「以前にも同じようなところを刺されていますね。それと、記憶障害もあったと伺いました。今回も目が覚めてみないとわかりませんが、意識が戻り次第精密検査を行います。」

『はい、よろしくお願いします。』

「司様、お子さんいらしたんですね。」

『あ・・・はい。』

「お子さんの声たくさん聞かせてあげてください。意識が戻るきっかけになるかもしれません。」

話が終わり、先生について特別室に。

ベッドの上で眠る道明寺。

側に行き、手を握った。

『守ってくれて、ありがとう。早く起きてよ。蓮が待ってるよ。』

「おとうさん、いっぱいあそんでね。」

その日は遅いからと、自宅に帰ることになった。

家に帰ってもソワソワしたままで。

いろんな事が一度に起きて混乱していた。

日付が変わろうとする頃。

類の携帯が鳴った。

それは道明寺の秘書からの電話。

病院に運ばれている以上、警察の介入は否めない。

いくら夫婦間の事とはいえ、道明寺は重傷を負ってしまったのだから。

「司、離婚協議中なんだって。そんな矢先だからね、これから騒がしくなるかも。」

蓮の誘拐から始まったこの事件。

あたしにも警察は話を聞きたいらしい。

「俺たちは事件を目撃してるんだ。話さないわけにいかないよ。司の為だから。」

随分と連絡を取っていなかったのに、F4の友情は今でも健在だ。

「つくしは明日から蓮と司の病室行きな。その方が意識が戻るの早そうだし。」

『あたしがいてもいいのかな?』

「さっき司の秘書があんたがいた方がイイって言ってた。必要なものは用意するってさ。」

『じゃあ・・・好意に甘えさせてもらう。目が覚めるの待ちたいんだ。』

「青木さん連れていきなよ。蓮の面倒見ててくれるから。」

目が覚めたら、真っ先にお礼が言いたい。

あたしと蓮を守ってくれてありがとうって。


ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/69-793bbe33

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR