FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

証 14

年中にあがった蓮は、毎日楽しそうに幼稚園に通っている。

あたしは朝蓮を送った後に出社して、夕方まで仕事。

蓮はシッターさんが類の家の車で迎えに行ってくれてる。

その後、うちであたしが帰るまで見ててくれてる。

シッターの青木さんは、年配のベテランで。

類のシッターをやっていた人らしく、花沢から多大な信頼をされてる人。

朝も普段通り送り出して、あたしは花沢物産の医務室にいた。

妙な胸騒ぎを感じる。

何だろう、この感じ。

モヤモヤしたまま、この間行われた健康診断の結果をまとめていた。

仕事中はマナーモードにしている電話が鳴る。

表示は青木さん。

滅多に掛けてこないのに、どうしたんだろう?

『はい。牧野です。』

「つくしさん、どうしましょう・・・蓮くんが、いなくなりました。」

『蓮が?いないってどういう事ですか?』

「お迎えにあがった際にはすでに帰られたと。今日はいつもと違う方なんですねって先生がおっしゃって・・・」

違う人?

蓮…もしかしなくても、誘拐されたの?

蓮を返してよ。

あたしの蓮・・・!

『青木さんは家で蓮が帰ってくるの待っててください。類に話してきます。』

電話を切り、動揺したまま類の部屋に向かった。

あたしに気付いた類の秘書の田村さんが、血相を変えて走ってきたあたしを見て先に類の部屋の扉を開けてくれた。

中に入るなり、類に飛びつく。

「つくし?どうしたの?」

『蓮が…蓮がいなくなったの!』

「つくし、ゆっくり深呼吸して。」

類に冷静になれと言われているようで、その言葉にハッとして深呼吸をした。

『青木さんから電話来てね、迎えに行ったら蓮帰った後だったんだって。先生も新しいシッターだと思ったらしくて、すんなり帰しちゃったって。いつもと同じ車に乗ってたみたいなの。』

「同じ車・・・?」

『類!何かわかるの?』

「蓮の迎えの車は、ベンツの最上級クラス。買える奴らも限られてるってこと。うちと同じようにあの車乗ってるとこって少ないはずだ。まずはそこから当たろう。田村、この後のスケジュールキャンセル。」

「承知いたしました。」

「まずはあきらんとこ行こう。あそこの方が調べるのには適してる。」

『う、うん』

引っ張られるようにあきらのオフィスへ。

車の中で類が2人に電話していたから、総二郎も来ていた。

類「あきら、ベンツS65AMGLONGの購入者調べてくれる?」

あ「任せとけ」

類「あきらも総二郎も、最近女がらみのトラブルないよね?」

総「そんなもんあるか!」

あ「もう遊んでないぞ。」

類「ならいいけどさ。俺ら、誰がターゲットかわかんないでしょ。それが絞れなきゃ犯人の目星もつかない。」

総「結局は、俺らみんな蓮が弱みって事か。」

『蓮…』

類「大丈夫。すぐ見つかるよ。」

先生に総二郎が電話して、蓮を連れていった人の特徴を聞いたけど、あまり覚えていなくてあてにならなかった。

ただ、40代くらいの男だったという事だけ。

誰が目的なの?

蓮は無事なの?

それだけが気がかりだった。

しばらくしてあきらが購入者リストを手に入れた。

ルートは…ね。

そこには日本を代表する企業の名前が連なっていて、もちろん道明寺の名前もあった。

総「俺らが恨み買うようなとこあるか?」

あ「女がらみでも、さすがにここらの企業には手出してねぇぞ。」

類「俺もない。」

『じゃあ誰だっていうのよ!』

あ「やっぱり警察に連絡するか?」

誘拐だって認めたくなかった。

蓮はすぐに帰ってくるんだって。

だけど、あたしたちじゃ犯人の見当がつかない。

どうしたらいいんだろう・・・。

類「この車、高城も買ってる。」

総「高城って司の?」

類「この中で一番犯人っぽいのは司か、司の奥さんだよ。」

あ「司んちが蓮に気付いて誘拐したっていうのか?」

類「司のとこ子供いないでしょ?跡取りにって思うかもしれないよ。」

総「冗談よせよ、類。こんな時に。」

類「冗談じゃないよ。俺はいつかこんな時が来るんじゃないかって思ってたから。」

『道明寺が?蓮を連れていったっていうの?』

類「わかんない。証拠があるわけじゃないし。ただ、可能性の話だよ。」

『本人に聞いてみる。』

あ「おい、よせって。違ったら、自分からバラすことになるんだぞ?」

『蓮が帰ってくるならそれでもいい。』

総「つくし!少しは冷静になれよ!お前がそんなんでどうする!」

道明寺が連れて行ったかもしれないと聞いて、冷静さを失っていた。

こんなんじゃダメだ。

しっかりしなきゃ。

類「相手から要求が来るのを待とう。それしか手はないよ。」

あたしたちはあきらのオフィスで待つしかなかった。



ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ゆ…様

コメントありがとうございます。
うちの構成作家にでもなりませんか?
そんな展開もいいかも、と思ってます。

自分本位に行動する人は、何も手にはできないって私も思ってます。
司は自分本位に見えて、つくしを大事にしてるってわかるから、いろんなものを手にできるんですよね。
友情だったり、仕事だったり。

次回も楽しんでいただけたら嬉しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/65-3e404509

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR