FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

証 11

「会長、少しよろしいでしょうか。」

「何です?」

部屋に入ってきた西田が、少し緊張したような顔で立っている。

「日本の幼稚園で噂になっている事がございまして。」

「私が噂を信用しないのをわかっていてその話をするのかしら。」

「いえ、裏付けもいたしました。」

目の前に出される調査報告書。

「司様のご学友である花沢様、西門様、美作様が、多額の寄付金を納め、ある1人の男の子に関わっていると。」

それが何か?

報告書に目を通す。

まずは名前。

牧野・・・?

4歳の男の子。

司が結婚したのも4年前だったかしら。

まさかと思い、添付されている写真を見れば、小さい頃の司そっくりの子供が牧野さんと写真に写っている。

「司には私が時期を見て話します。司をしばらくNY勤務にして。この事は他言無用よ。」

「かしこまりました。」

西田が部屋を出ると、溜め息が漏れた。

初めて孫の存在を知って。

少なからず動揺はした。

未だに子供がいない司夫婦。

それもそのはず。

結婚する際に司が言ったのは、

「俺はあいつと部屋を一緒にするつもりはねぇ。必要以外は触れてたまるか。
跡継ぎが欲しけりゃ養子でも取ればいい。
俺は財閥に籍を貸すだけだ。俺自身はこの結婚に何も関係ねぇ。」

牧野さんとの未来を諦めていなかった司は、この結婚は一時的だと言わんばかりに相手を思いやることもせず、時間だけが過ぎていった。

この破たんした結婚生活は見るに堪えず、これからを考えているところでの報告。

写真だけは自分の手帳に挟み、報告書を鍵のかかる引き出しにしまった。

すぐに司はNYに赴任してきた。

感情をなくしたこの目は、戻る事はあるのだろうかと思案する。

このままでは後継者として道明寺を預けるのもままならない。

水面下で相手企業と切れるよう動き始めた。

西田の頑張りもあり、半年ほどで決着をつける事が出来そうな状況。

ここまでくれば、話しても大丈夫かしら。

「あなたにお話があります。」

「何ですか?時間があまりないんです。」

「この後のスケジュールはキャンセルです。」

「は?」

「司にとって人生を左右する話です。心して聞きなさい。」

私の言葉に黙った司。

部屋には緊張が走る。

自分の手帳から一枚の写真を出して、司の前に差し出す。

「牧野蓮。もうすぐ5歳になるあなたの息子よ。」

「は?む・・・すこ?」

「えぇ。牧野さんが産んだ、あなたの息子です。」

写真を食い入るように見つめる。

「現在青山学院の幼稚舎に通っています。花沢さん、西門さん、美作さんのおかげね。」

「あいつら・・・」

「牧野さんは出産前から花沢さんと同居しています。西門さん、美作さんも結構な頻度で出入りしているようね。花沢物産では、いずれ迎え入れてもいいとおっしゃっていました。」

「牧野と類が結婚するのか…?」

「誰もそんな話はしていません。牧野さんにそのような意思がない為に、蓮くんは戸籍上、私生児のままです。私としては、彼女の希望通りの事をしようと思っています。認知も含め、慰謝料でも養育費でもいくらでも払います。
でもこれは私一人で行う問題ではありません。あなたの意志を窺います。
近日中に結論を出しなさい。司が気にする事は、何もありませんよ。」

「この写真、もらってもいいか?」

「西田に新しいのを用意させます。」

西田は司の前に、数枚の写真を置いた。

蓮くんが1人で写っているもの、牧野さんとのツーショット。

そのどれもが眩しいくらいの笑顔で。

以前は司もこんな風に笑う事が出来たのかしらと、そんな事も知らない自分が嫌になる。

写真をしばし見つめ、ボーっとしたまま部屋を出て行った。

「西田」

「はい」

「今の男の子は何が欲しいのか、調べておいて」

「はい、かしこまりました。」

いつ孫に会えるのだろうか。

そればかりが気になって仕方がなかった。


今日から更新再開いたします。
普段から拍手コメントにはお返事していませんが、今回たくさんのコメントをいただきありがとうございます。
更新が休みで寂しいと言ってくださって、本当に嬉しかったです!
今回は、西田の情報網で道明寺家に蓮の存在が知られてしまうお話。
有名な私立幼稚園で、F3がいつも一緒だと目立っちゃうんだよって事。
次回は司がどう動くのかな?
お楽しみに



ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/61-01456041

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR