FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

The person of fate 最終話

日本での道明寺創業パーティに合わせて、お父様とお母様と共に帰国した。

久しぶりの日本。

久しぶりのメンバー。

総「聞いたぞ、逆プロポーズしたそうだな?」

『もう、何ですぐ話すかなぁ。』

あ「牧野から言うなんて、そんなに司と結婚したかったのか?」

『いやぁ・・・司のお母さんに縁談断るの面倒だから早くしろって言われて。
あいつなりに考えてくれてたんだけど、言いづらいのかなって思って、言っちゃった。』

総「牧野の過去を思えば、そうなってもおかしくはないよな。
でもやっと、俺たちは猛獣使い卒業だ。」

類「卒業できるの?司だよ?」

あ「もう勘弁だぜ」

あたしたちが話していると、会場入り口が騒がしくなる。

総帥と会長、専務が招待客の間にできた花道を通って壇上に上がった。

総帥の挨拶。

会長の挨拶。

司の挨拶。

崇「本日はこの場をお借りして、司の婚約を発表したいと思います。」

会場は歓声と悲鳴、どよめきが起こる。

マジ?

司と結婚ってこんなにも歓迎されない事?

崇「正式な結婚までは、彼女はNY本社にて一般社員として勤務いたします。その後は楓の右腕になるべく、メープルの事業を担っていただきます。
まだまだ未熟な二人ではありますが、皆様に支えていただきたいと思います。よろしくお願いします。」

あたしのわがままで、結婚までは名前も顔も公表したくないといえば、納得してくれた。

司以外は。

あ「牧野、メープル継ぐのか?」

『うん。お母様はそう言ってくれてるよ。』

類「司の上司になるの?」

『へ?あたしの方が入社は遅いんだから、部下じゃないの?』

総「あいつを使うのも、悪くないだろうよ」

『そうだね。先に昇進して、社長になってやろうかな。』

「おい、勝手なことぬかすな」

後ろから聞こえてきた声に、振り向いた。

『司、お疲れ様』

司「おう。」

総「牧野が司の上司になったら面白いのにな。」

司「ありえねぇ。俺より忙しくさせてたまるか。」

あ「要は牧野が心配なだけだろ?いずれは子供もできるだろうしな。」

『子供なんて、まだまだだよ』

司「俺はすぐにでも仕込んでやるのになぁ。」

『仕込むとか言わないで!全く、しばらくは別居のままなんだから無理でしょ?』

類「牧野はNYから帰ってこないの?」

『うーん、わかんない。お母様次第かな。』

類「じゃ、俺NY勤務にしてもらおうかな。そうすれば、牧野といつでも会えるでしょ?」

『ホントに?向こうに友達少なくて寂しかったんだよね。』

司「類!そんな事許すわけねぇだろ!」

類「別に司の許可いらないでしょ?ねぇ、牧野」

『いや、あたしに振られても…』

「司、少しは俺の気持ちわかったか?」

滋「ちょっと、啓太!」

『滋さん、啓太…』

滋さんをエスコートした啓太が歩いてきた。

司「・・・」

司は啓太を前に何も言えない。

啓「つくしは浮気するような奴じゃない。あの時は司だったからだろ?俺に一生懸命隠してたんだ。そこまでして会っていたお前が、つくしを信用していないのか?」

司「そうじゃねぇ。ただ、俺は…」

啓「俺としては、上司じゃなきゃ一発殴ってるとこだ。司だから、つくしを幸せにしてくれると思って任せる事が出来た。勘違いするな。つくしにはお前しか見えていない。本当は、ずっと」

『啓太…』

啓「つくしの中にはずっとお前がいたんだ。俺は司を超える事が出来なかった。その結果だろ?つまんねぇ焼きもちやいてないで、つくしを笑顔にしてみろ。それが、お前の責任だ。」

司「あぁ。子会社の専務に怒られるとは思ってもいなかったぜ。あの時は悪かったな、啓太。」

司も啓太も笑っている。

司「式には絶対来いよ。牧野のとびっきりの笑顔、見せてやる。」

これでやっと、結婚できる。

わだかまりも全てなくなり、あたしは素直に道明寺になれる。

目を逸らしていた想い、止まらない気持ち。

与えられる優しさに、重なる心。

司との出会い、別れ。

啓太との出会い、別れ。

経験してわかる事。

言葉にしなきゃ伝わらない気持ち。

あたしの心は真っ直ぐに、一つの道を進んでいく。




新郎、道明寺司

あなたは新婦牧野つくしを

健やかなる時も、病める時も

富める時も、貧しい時も

死が2人を分かつまで、愛し合い、敬う事を誓いますか?

司「はい、誓います。」

新婦、牧野つくし

新郎道明寺司を

健やかなる時も、病める時も

富める時も、貧しい時も

死が2人を分かつまで、愛し合い、敬う事を誓いますか?

『はい、誓います。』

それでは、誓いのキスを・・・


The person of fate

あたしの「運命の人」は、共にバージンロードを歩いている司だったってわけ。



終わっちゃいました。
ここまで読んでいただいてありがとうございます。
明日はお休みをいただき、8月より新作の連載を始めます。
連載の途中で、このお話の番外編、アフターストーリーを書けたらいいなと思ってます。
司やつくしだけでなく、F3にも頑張っていただかなければ。
では、8月に。






ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

お疲れ様でした。
そして長編完結おめでとうございます!!
逆プロポーズ、つくしなら有り得ますよね。
いや、ありでしょ!!
このままいくと司の両親の姿に、つくし達夫婦も近づいていくのでしょうか。
どうかつくしちゃん、ベッドの中まで仕事の話を持ち込まないようにして欲しいな・・・なんて二人の将来を少し心配したり、この先のお話を妄想したりして楽しませて頂きました。
有難うございました。

また新作楽しみにしています。
無理なく頑張ってくださいね。

Re: タイトルなし

yukibe様

コメントありがとうございます。
つくしならベッドの中で仕事の話しそうですね。
『やっぱりあれはいらないと思うんだよね』
って突然言い始めて、司とベッドの上で討論。
結局は司がパジャマ姿のつくしに欲情して中断…なんてパターンですね。

明日からの新作、楽しんでいただけたら嬉しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/46-a7d64d56

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR