FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

The person of fate 41

俺は実家に戻り、親父と会社の再起の為に身を削って働いた。

頭を下げて回り、個人資産まで使ったくらいだ。

この2か月で、どれだけの謝罪をしただろう。

つくしがいない生活に、まだ慣れそうにもない。

久しぶりの休日。

どこに行くわけでもなく、フラっと散歩に出た。

俺の足は自然と永林学園と向かっていた。

人と壁を作り、特定の奴としか打ち解けなかった高校時代。

目の前に敷かれたレールの上を歩きたくなくて、いつもどこか冷めていた。

インターンとしていろんな部署で働くのは楽しかった。

俺にはそれで十分だった。

絶対的な上司がいて、解り合い、競い合う仲間がいて。

年齢関係なく、信頼し合える。

その環境で働きたかった。

上に立つには相当の覚悟がいる。

この2か月で、嫌というほど思い知った。

責任が大きすぎて、俺一人で背負うには重すぎる。

「啓太?」

一台の高級車が停まり、出てきたのは滋だった。

「今日は休み?」

「あぁ。少し落ち着いたからな。」

「そっか。大変だったね。」

「司のおかげで、倒産だけは免れたよ。」

「啓太、大丈夫?疲れた顔してる。」

「いろんなもの失ったからな。楽しみがないんだよ。」

「そんな事言わないでよ。」

「・・・つくしと会ってるか?」

「うん。今は毎日レッスンしてる。元気にしてるよ。」

「そっか、元気にしてんのか。」

「啓太も元気出して。」

「あぁ。じゃあな」

いつも明るい滋は、今の俺には眩しかった。

眩しすぎて、まっすぐ見る事が出来なかった。

翌週。

親父から見合いすると言われた。

「とても好条件のお嬢さんだよ。お前にはもったいないくらいだ。」

どこの誰かは聞かなかった。

聞いても、俺には興味もない。

つくしじゃないんなら誰でもよかったんだ。

会場に着き、部屋に案内される。

そこには、振り袖を着た滋がいた。

啓「滋?」

滋「啓太の相手、滋ちゃんだよ~」

啓太父「同じ高校だったらしいじゃないか。」

啓「あぁ、この間も偶然会ったばかりだよ。」

目の前には滋がいて。

ニコニコして、俺を見てる。

啓太父「うちの今の状況で、大河原さんにはご迷惑な縁談じゃないかと…」

滋父「娘から頼まれましてね、啓太くんと見合いさせてくれって。うちは滋しかいませんが、滋に跡を継がせようとは思っていません。道明寺さんの時に嫌な思いさせてしまったんでね、次は滋の自由にさせようと思っていたんですよ。」

啓太父「滋さんは本当にいいのかい?」

滋「はい。啓太を救えるのは私しかいません。友人から、婚約者にしていただけますか?」

啓太父「うちとしては大歓迎だよ。啓太はどうなんだ?」

啓「滋、本当にいいのか?苦労するかもしれないぞ?というか、俺だぞ?」

滋「啓太だからいいの。啓太のお嫁さんになりたいの。ダメ?」

いつになく、弱気な滋。

こいつにも、女らしい部分があったんだ。

啓「大河原さん、僕には願ってもいないご縁談です。これからも、よろしくお願いします。」

立ち上がり、頭を下げた。

滋父「啓太くん、娘をよろしく頼むよ。」

それからは、結婚まで話は早かった。

つくしを忘れたわけではないけれど。

俺を愛して、笑顔でいてくれる滋に少しづつ惹かれているのも確かだ。

時には能天気なくらいの明るさが、俺の歩く道を照らしてくれる。

啓「式にはつくしも呼ぼうか」

滋「いいの?私は親友だから呼びたかったけど・・・」

啓「俺たちが幸せになるってところを見せてやらないと、あいつも安心できないだろ。もう俺は大丈夫だから。」

笑顔で答えてくれた滋を愛おしいと思い、その日、初めて滋を抱いた。

結婚式当日。

控室に入ってきたつくしは、ドレスアップしてキレイだった。

俺は今笑えているだろうか。

何を話せばいいのかもわからず、口から出たのは司の事。

つくしが寂しい思いをせず、充実した日々を過ごす事が出来ているみたいだから。

これで心おきなく結婚できる。

ありがとう、つくし。

愛してた。



ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/42-57cd8274

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR