FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

真夏の通り雨 34

忙しく月一の更新申し訳ないです。
こんなんじゃ、この話はいつ終わるのやら・・・

では、続きをどうぞ↓


「道明寺くん、連絡先教えて」
「道明寺くん、お父様ってどんな方なの?」
「道明寺、お姉さんってさ・・・」

キィー
休み時間に非常階段に逃げてきた。
元々そんなに口数が多い方ではない。
母さんと話していても、マリと話していても、基本的には聞き役だ。
あれこれ聞かれたって、どう答えていいかもわからない。
正式に道明寺になってまだ1ヶ月も経っていないから、道明寺と呼ばれるのもくすぐったい感じがするし。
母さんに、ここを教えてもらってよかった。
静かで校内の騒がしい声が何も聞こえない。
母さんもすごい人と結婚したんだな。
改めて、そのすごさがわかる。
養子縁組をして、戸籍上も親子になった。
母さんの妊娠がきっかけで突然道明寺邸に住む事になって、学校が遠いからと送迎もついた。
毎日レッスンの日々で、友達と遊ぶ時間もなくなった。
それでもなんでだろう、楽しいと思える。
出来なかった事ができるようになる、知らない事を知るのは面白い。
将来の為になるんだって、マリたちが帰国してから身に沁みた。

この間、帰国パーティがメープルで開かれた。
その時に再婚と養子縁組の話もした。
日本だけじゃない、世界中のいろんな国の人が来て、飛び交う言語は様々。
道明寺さんはもちろん、マリも、母さんだって挨拶くらいは4~5カ国語出来る。
話せないのは俺だけで、すごく悔しかった。
母さんも話せるなら小さい頃から教えてくれればいいのに。
『なんで話せるのか聞かれたら面倒だから、仕事の時しか話さない』って。
言われてみれば洋画を字幕なしで見てた事あったな。
子供だから気付かなかった。

レッスンを重ねれば、出来るようになる。
そう言われ、今の俺は必死だ。
道明寺さんのような、ビジネスの世界で生きる男をカッコいいと思う。
少しでも近づきたい。
その為なら俺は、勉強だらけの毎日でもいいって思えるんだ。

左手首にはめられた腕時計を見る。
「時間だ」
これは入学祝いにと道明寺さんからもらったもの。
『ちょっと、こんなブランド物早いって!』
貰った時、隣で母さんがギャアギャア騒いでいたけど、素直に嬉しかった。
「いい機会だからな、みんなでお揃いだ」
俺のより良いグレードの物を自分にと、そのレディース物を母さんに。
俺の腕時計と似たデザインのレディースをマリに。
そして、生まれてくる子供にも、1つ買っていた。
まだ箱は開けていない。
『どっちかわかんないよ?』
「良いんだよ。俺の予想は当たるからな」
謎の自信を見せつけ、母さんが大事にしまったらしい。
そんな事がさらっと出来る男になりたい。
富を得るだけでなく、家族を大事にして、世界で仕事できる男に。

「道明寺くん、どこ行ってたの?」
「ん?ちょっとね」

多くは話さなくていい。
面倒でも、人のいろんな思いに向き合ってみようと思った。



ポチっとお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT▼

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/411-700a52ad

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR