FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

The person of fate 3

「親に勘当されてる。」

啓太の言葉にビックリした。

『いいの?このままで』

「今帰ったら、つくしまで嫌な目に遭うよ」

『あたしなら大丈夫。雑草のつくしだから』

背中を押したのはあたし。

このままでいいわけない。

こんなあたしでも、結婚の報告はパパやママに言ったんだから。

「一緒に行ってくれる?紹介したいんだ」

『うん、いいよ』


そして、啓太が約束した日。

初めての啓太の実家。

何?これ…

道明寺の邸ほどではないけど、金持ちって感じの大邸宅。

都内の高級住宅街に向かっていた事に気付かなかった。

門をくぐって、玄関まで数十メートル。

ドアの前でSPが立っている。

「啓太様、お帰りなさいませ」

そう言うと玄関のドアが左右に開いた。

中には十数人のメイドさん。

この光景、やっぱり慣れない。

ドキドキしてるあたしをよそに、啓太は慣れた様子で廊下を進んでいく。

「親父どこ?」

近くにいたメイドに聞く。

「旦那様なら奥様と執務室にいらっしゃいます。」

「そう。」

『ねぇ、啓太』

「何?」

歩きながら尋ねる。

『啓太の家って何してるの?』

「高野コーポレーションって知ってる?」

知ってるも何も、道明寺財閥と昔から付き合いのある建築会社。

メープルの設計はそこなんだって聞いた事がある。

そこの御曹司って事?

「そこの次男。うちには兄貴がいるから、会社自体は継がなくていいんだよね。」

『そう・・・なんだ』

「でも小さい頃から英才教育は受けてきた。俺の人生は決められたレールの上でしかないって思うと息苦しく感じてさ、それで家出したんだ。そこでつくしに出会った。俺は今、幸せだよ。」

いつの間にか誰もいなくなった廊下。

啓太はあたしの腰を抱き寄せて、頬にキスをした。

「親父は厳しい人だけど、母さんは一般家庭の出なんだ。つくしの事、きっと気に入ってくれる。」

『そうだといいんだけど・・・』

魔女との事があって、ちょっとだけトラウマになりつつある。

「行こう、つくし」

啓太がノックをして中から「入れ」と声がする。

ドアを開けると執務机に座った50代くらい男性と、応接用のソファーに座っている同じくらいの年の女性。

啓太「お久しぶりです、」

そう固く挨拶した啓太。

『初めまして、つくしと申します。』

こんな時に道明寺家で習ったマナーが活かされるとは。

「座りなさい。」

メイドさんがコーヒーを出してくれる。

『ありがとうございます』

そう言うと、あたしに会釈をして部屋を出ていった。

「話とは何だ?」

威圧的で、だけどその瞳の奥には温かさがある。

啓太「家出した事、黙って結婚した事、謝ろうと思って」

父「お前の居所も結婚したこともわかっていた。そんなもの調べればすぐだ。」

啓太「それでも、一応謝っておきます。ご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。」

あたしも同じように頭を下げる。

母「啓太、つくしさん、顔をあげて」

啓太と同じ顔をしたお母さん。

母「帰ってきてくれてありがとう」

父「お前はすぐ甘やかす」

母「帰ってきてくれたんだからいいでしょう?」

父「そうだが…」

母「啓太、お仕事はどうするの?こっちに帰ってくるの?」

啓太「今の仕事にやりがいを感じてるんだ。つくしも職場が一緒でね、すごく楽しい。
でもいずれは手伝うよ。それを承知で帰って来たんだから。」

母「そう。」

父「これからは月に一度は戻ってきなさい。お前を最近見かけないと変な噂が立っている。つくしさんには酷かもしれないが、パーティに夫婦で出席しなさい。」

『パーティ…』

良い思い出がないんだよ・・・。

母「つくしさん?啓太の事支えてくれてありがとう。あなたとの結婚に反対はしません。なんたって私も一般家庭の娘でしたから。これからいろいろと大変だとは思うけれど、頑張ってくださいね」

『はい、ありがとうございます。』

あたしの事をどこまで調べているんだろう。

もしかしたら、道明寺との事を知っているのかもしれない。

でもあたしは啓太と生きていくって決めたんだから。

あたしは雑草のつくし。

どんな困難にも立ち向かってみせる。


スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/4-279365c1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR