FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

真夏の通り雨 2

約1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
では、続きをどうぞ↓

牧野に別れを告げた後、すぐにNYに飛んだ。
それは俺の結婚の話を進める為であって、地獄への入り口に立たされた瞬間だった。
あいつの涙が、泣き声が、目や耳に焼き付いて離れない。
目の前で勝手に進んでいく話など聞く気にもなれず、日本にいる牧野の事を考えていた。

秘書が持ってくる仕事をこなし、財閥の為に奮起した。
上司であるババァに言われるがまま婚姻届にサインをする。
牧野との未来がないなら、誰と結婚しても同じ。
これで俺は妻帯者になった。
妻の名前も年齢も覚えてはいないけど。

結婚を条件に支援を申し出た相手企業。
親父もババァも良い顔はしなかったが、他に為す術はなく仕方のない事だった。
初めて俺に頭を下げた瞬間に、全てを飲み込み頭を縦に振る事しか許されないんだと諦めにも似た気持ちになった。

執事を通してしか会話のない俺たち。
いや、俺が時間を共にする気がないだけかもしれないが。
結婚の次は、子供が欲しいと言い出した。
生憎俺は総二郎やあきらみたいに誰でも抱けるわけではない。
牧野しか知らない俺の体は、牧野にしか反応しない。
どんな美人が目の前で裸でいようとも、そんな気持ちになるわけもなく。
極秘で体外受精をして、子供を授かった。

娘は可愛かった。
妻を愛せない俺は、子供にだけ愛情を注ぐ。
娘のマリは俺をパパと呼び、よくなついた。
仕事が忙しくなかなか構ってやる時間も少ないが、マリといる間だけは俺は人間らしくいられて、幸せだった。

会社の建て直しは容易ではなかった。
仕事を始めたばかりの頃は顔だけのジュニアだとよくバカにもされたが、そう言われる事で俺は躍起になっていたのかもしれない。
誰よりも働いた。
睡眠時間を削り、サンドイッチ片手に書類を読むなど当たり前。
だけどいつしか、感情はマリの前でしか出せなくなっていた。
笑う事も、怒る事も、悲しむ事も。
牧野といる時はあれほど自然に出ていたのに、それが無くなってしまった。
でも、それでもいいと思った。
冷徹と言われようが、氷の王子様と言われようが、関係ない。
牧野がすべてだった俺の世界は終わったのだから。

「司、夫婦仲が良くないでのはとゴシップ誌が騒いでいるわ。どうにかならないの?」
「無理です。離婚も時間の問題でしょう」
「関係を修復できないのかしら」
「始めから愛情もない女に、これからどうしろと?」
ババァの執務室に呼ばれたかと思うと、こんな話だった。
くだらない。
離婚しようがなんだろうが、俺にはどうってこともないのに。
マリがどう思うか、俺が気になるのはそれだけだ。

メイドたちから妻の話は聞いていた。
普段はほとんどマリの世話をせずにシッター任せ。
俺が邸にいる時だけマリの相手をする為に、未だに慣れる気配がない。
以前着替えさせているのを見たが、俺の方が上手に着替えさせると思ったんだ。
マリの習い事にも関心はなく、講師は俺が選んでいた。
こんな奴、いてもいなくても同じだろう。
マリを想って、会社を立て直すまでと辛抱して俺から離婚を切り出す事はなかった。

俺たち仮面夫婦は、10年同じ邸の下で暮らした。
マリはもうすぐ9歳になる。
「私と別れてください。新しい人生を歩みたい」
「マリの親権は渡さない。お前にも会わせない。これが条件だ」
相手に言わせるまで、よく我慢したもんだと思った。
俺が条件を出さなくても、道明寺の血を引いた子供をババァが手放すとは思えない。


もし牧野が俺の子供を産んだなら、なんて今でも考える。
2人で子どもの事でケンカしたり、休みの日は出掛けたり、一緒に飯食って、たまには風呂も入ったりして。
俺が知らない家族を作れるんじゃないかって、夢に見る。
今頃あいつは何してるのか。
調べようと思えばできる事が、出来ないでいる。
時々仕事で会うあきらや類からも牧野の話は聞いていない。
幸せでいてほしいとも思うけど、俺がいない人生で幸せになるなとも思う。
この矛盾した思いは、いつになったらなくなるのか。
誰か、教えてくれないか。



ポチっとお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/377-83e04f39

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR