FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

傷痕さえも愛しくて 35

牧野が風呂から出てきて、入れ替わりに俺が風呂に入る。
さっぱりして部屋に戻ると、すでに倖はベッドに寝転がっていた。
その傍らには牧野がいて、クスクス何かを話している。

「何話してるんだ?」
『道明寺が昔言ってた言い間違え。お姉さんから聞いたのとか、西門さんたちから聞いたのとかも覚えてるから教えてあげてたの』
「てめ、余計な事倖に教えてんじゃねぇよ」
『倖がお父さんの昔の話聞きたいって言うから、話してただけだも―ん。ね、倖』
「うん!」
『それでね、』
高校の時の話は覚えていない事が多かった。
それはやっぱり牧野に関する事が多いからで、たった数カ月のことなのに、高校時代の全てを物語っているようでもあった。

倖が眠りに就き、俺たちはソファへと移った。
『出張お疲れ様』
「サンキュ」
ウイスキーとオレンジジュースで乾杯した。
『あんたのお母さんに何も言ってないや。言わなきゃね』
「倖を引き取るって言い出したのはババァなんだろ?マジで何考えてるかわかんねぇ奴だよ」
『あの時は悲しくて仕方なかった。でも今なら理解できるよ。倖と一緒だったら、きっとあたしはダメになってた。母親でいなくちゃって自分を追い詰めて余裕を失って、病気も悪化していたかもしれない』
「今は無理してないか?」
牧野の髪の毛をいじりながら聞く。
このサラサラの黒髪が好きだ。
『うん、大丈夫。そうだ、車の事、お礼言おうと思ってたの。ありがとう。』
「駅までって約束したらしいな?」
『会社までなんて無理!恥ずかしいよ』
「紫外線が強い日は言えよ?もうお前が倒れるのは御免だ」
目の前で倒れたあの日、病院に着くまで気が気じゃなかった。
2度とあんな日が来ないように。
俺ができる事は何でもする。

ストローを咥える牧野の口がいやらしくて、見つめていた。
『何?飲む?』
差し出されたストローで、ジュースを一口。
「甘っ」
『そりゃそうよ、ジュースだもん』
「じゃあ口直し」
牧野の手からグラスを取り上げてテーブルに置く。
そして、帰って来てから初めてキスをした。

キスはどんどん深くなり、牧野のTシャツの中に手を入れるとやんわりと拒否される。
『ちょっと、こんなとこで』
「ベッドは倖がいるから、ここしかないだろ」
『でも・・・』
まだまだ文句を言いそうな口を塞いで、Tシャツの中に手を入れた。

座る俺の上に牧野が跨り、ゆっくりと揺れる姿を見つめる。
しっとりと汗をかいた肌にくっつく髪の毛をよけながら、いたるところにキスを落とす。
声が出ないように我慢する姿も可愛くて、時々意地悪をしながら追い詰めていく。
俺も限界が近づいてスパートをかけるべく、牧野をソファに押し倒した。

動けない牧野の体を濡らしたタオルで拭いて、服を着させてベッドに寝かせた。
本当は牧野を腕に抱いて寝たかったが、今日は間に倖がいる。
手を伸ばしてきた牧野の手を握った。
「どした?」
『くっついて寝たかったな』
可愛い事を言うのは卑怯だ。
普段はこんなに甘えないクセに、こういう時だけ言いやがる。
倖を少しだけ端に寄せ、牧野の隣に潜り込んだ。
すると、俺の方に体を向け鼻をスリスリ寄せてくる。
『道明寺の匂い、好き』
「俺もお前の匂い好きだぞ」
『落ち着くの。あんたなしじゃ、生きられない・・・』
そう言って、寝てしまった牧野。
最高の口説き文句だな。
「俺だって、お前なしじゃ生きられねぇよ」
頭頂部にキスを落とし、俺も瞼を閉じた。



ポチっとお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/372-4e1a5d50

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR