FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

傷痕さえも愛しくて 24

本編ですが、今回は秘書の斉藤さん目線で。
きっと、連続更新も今日までかと。

では、続きをどうぞ↓

「おい斉藤、今日は何時頃病院に行けそうだ?」
「毎日は無理です。この後の会議と会食は絶対に外せません」
「会食の前か後には時間作れねぇのか」
「会食前は移動中に取材が一件、後にも一件入ってます。これは先日リスケした分ですのでもう変更がききません」
チッと聞こえた舌打ち。
舌打ちしたいのはこっちですよ、支社長。

日本に帰国してから、支社長の雰囲気が変わった。
自分が秘書としてつくようになった時、西田さんから極秘だと告げられたのは支社長に子供がいるという事。
26にして7歳になる息子がいるなんて、絶対に世間には言えない情報だ。
送り迎えの際に自宅に伺うと、エントランスで元気いっぱいな姿を見せてくれる倖坊ちゃん。
ビジネスモードから父親の顔になる支社長。
この人にお仕えできる事を幸せに思う瞬間でもあった。
日本支社では専属の弁護士をつける事になった。
西田さんの話では、倖坊ちゃんの母親だと。
なぜ、そんなややこしい事をするのか理解が出来ず、一刻も早く倖坊ちゃんに会わせてあげればいいのに。
そんな事しか思えなかった。
しかし、支社長の性格を考えれば簡単な事だった。
出席しなければならないパーティでも、寄ってくる女性は数多いるが誰も受け付けない。
本当に20代前半の男かと疑いたくなるくらい、女性に対しては潔癖に近い扱いをしていた。
けれどそんな中、牧野さんに対してだけは側に置きたがり、挙句自室にデスクまで用意させる始末。
本人は気付いているのか、真剣にパソコンに向かう牧野さんの横顔をちらちら見たり、腕をさする仕草を見れば空調の温度を上げさせたりと、それはまるで好きな人にする行為。
見た目に反して可愛すぎです、支社長。

先日支社長からの内線で部屋に駆けつけてみれば、牧野さんが支社長の腕に抱えられていた。
美作さんはどこかに電話していて、その日のリスケと車の用意を指示される。
顔色は悪いのにうっすら頬が赤い牧野さんを心配そうに見つめる支社長。
本当は予定が詰まっていてリスケもちょっと厳しいけれど、ここは頑張るしかないでしょう。
病院で支社長たちを降ろした後、牧野さんの荷物を看護師に託し会社へと戻った。

社に戻り、支社長の部屋から西田さんに牧野さんの病状を連絡する。
他の秘書たちには聞かれてはいけない話だからだ。
牧野さんの病気は伏せられている。
知っているのは日本支社では私と支社長だけだろう。
相川さんにも連絡して、弁護士の手配を頼まなければ。
牧野さん以外の弁護士の話を支社長か聞くかどうかは別として。

翌日、勤務中に外商を呼びつけ買い物をする支社長。
公私混同も程々にしていただきたいのですが。
まぁ、まともな休憩時間もないようなスケジュールだったからそのくらいは大目に見ましょうか。
レディースを購入しているあたり、牧野さんへの贈り物でしょうし。
その為にとんでもないスピードで仕事を片付けられていましたから。

数日後。
仕事の関係で用があったので、支社長と共に牧野さんの病室へ。
欠勤することへの書類にサインをもらう。
ペンを持つと手が震えて字が書けない牧野さん。
「後日でもいいですよ。急ぎませんから」
『ごめんなさい、斉藤さんにまで迷惑をおかけして』
震える手を支社長が握るだけで、少し震えが治まった。
「こちらこそ、牧野さんの病状を知っていたのにも関わらず申し訳ございません。体調の良い日でいいので、サインと印鑑をお願いします」
『はい、わかりました』
支社長と牧野さんの間に流れる空気に、関係性が変わった事を察知した。
「大丈夫だ、気にするな。すぐ治まる」
支社長の優しい言葉に、牧野さんの顔も和らいでいく。
倖坊ちゃんと笑い合う日も近いのかと、期待で胸が膨らんだ。

牧野さん、早く退院してください。
支社長のイライラが治まりません。
湯川さんの予定がつかなくて法務部から人が来てますが、支社長に怯えてしまって話になりません。
少しでも間違えようなら支社長からの鋭い指摘を浴びて、しどろもどろになってしまう。
そう考えると、牧野さんは度胸があってとても優秀な方なのだと思い知らされます。

「今日は何時頃行けそうだ?」
「本日はランチ会食もありませんので、お昼休みを1時間確保しています。その間にお伺いいたしましょう」
「・・・そんなにあるのか?」
「はい。牧野さんの退院も近いようですし、今日だけです」
途端にスマホを取り出し何かを打ち始める。
きっと牧野さんに連絡しているんでしょう。
この後の仕事も捗りそうです。


ポチっとお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT▼

更新ありがとうございます!ハッピーエンドに向けて一波乱ありそうでわくわくドキドキしてしまい、更新が楽しみでならないです!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/360-496f08a7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR