FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

傷痕さえも愛しくて 9

1週間以上更新できなくて申し訳ないっす。


では、続きをどうぞ↓

話てる最中、類の携帯が鳴った。

「もしもし」
「・・・うん、みんないるよ。ちょっと待って、掛け直すから」

一度切り再び掛け直している。
「もしもし?珍しいね、国際電話掛けてくるなんて。よっぽど気になってる?」
「・・・倖、元気だよ。あとであきらにビデオ撮ってもらうから、届けるよ。そっちは?」
「・・・うん、・・・うん、・・・そう。無理しないでよ。あんたの悪いクセ。明後日には帰国するから。今替わる」
類が総二郎に電話を渡す。
「おう、大丈夫か?あぁ、今週は無理そうだな。お前の状態見てでいいよ。また電話して」
総二郎からあきらに替わる。
「声は元気そうだな。うちのおふくろが作ったケーキでも持っていってやるよ。お前好きだろ?・・・あぁ、わかった、伝えとく。」
類に戻った。
「じゃ、帰国したら行くね。預かったものはちゃんと渡しとく。うん、じゃあね」

類の電話を知らずのうちに見つめていた俺。
「俺は?」
「・・・は?」
「順番的に俺じゃねぇのかよ」
「お前なに話すんだよ。周りから聞いてるだけで、お前にとっちゃ他人に変わりないだろ」
そうだけど、この疎外感がムカつくんだよ!

会話を聞いていて気になった事があった。
「なぁ、体どっか悪いのか?お前ら妙に心配してたな」
「・・・若くして子供産んでるんだよ、影響があっても仕方ないでしょ?」
「まぁ・・・そうか」
類に言われ、疑問が残りつつも渋々納得した。
女の体の事なんてわからねぇし、そういう知識もないんじゃこれ以上聞いたって理解もできないし。

「じゃあ戻るか」
「おぉ。倖のビデオ撮ろうぜ」


倖を囲んでのバースデーパーティ。
ババァや姉貴、遅れて来たけど親父までもがスケジュールを合わせて集まった。

公表されていない倖の存在。
もし俺が正式に結婚してから生まれた子ならば、今頃部屋が埋まるくらいのプレゼントで溢れかえっていただろう。
母親がいない事など、1歳じゃまだわかんねぇか。
父親らしくなど言われたって、何をどうすればいいのかわかんねぇし。
何言ってるかわかんねぇガキはごめんだ。
相手になんかできねぇよ。

泊まっていく事になった3人は、倖が寝るまで側を離れなかった。
無理矢理撮らされた記念写真。
倖の周りはプレゼントがたくさん積まれていた。
その一番前に飾られていたのはバースデーカード。
小さなウサギのぬいぐるみと共に、母親からだと言う。
開けば音が鳴るカードを、隙あらば見てやろうと思うがうまくいかない。
そのうち倖の部屋にしまわれてしまい、結局見ることもままならないままパーティは終わった。

俺が朝からの講義の時間に合わせて、あいつらも帰っていった。
帰り際、類とババァの会話が耳に入る。
「もう1週間ね・・・」
「はい。昨日は調子良かったみたいなんですが、まだ安定しないみたいであと1週間は退院できないって言われたみたいです」
「そう。気にかけてくださって助かるわ。倖の為にも、頑張っていただかないと」
「伝えておきます。きっと、昨日のビデオ見たら元気になります。早く見たいって楽しみにしてましたから」
「そうだといいけれど。・・・では、みなさんごきげんよう。また1年後」

その後、誰に聞いてもはぐらかして答えてはくれなかった。
なぜ、倖の母親は入院しているのか。
何の病気なのかさえも。

この疎外感が嫌で、無性に腹が立つ。
でも、家の中で暴れて大きな音を出せばマジで縁を切られそうだ。
クソッ
どいつもこいつも、俺をこけにしやがって。



ポチっとお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/343-f65cdfcf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR