FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

傷痕さえも愛しくて 4

連休中も更新しまーす。

では、続きをどうぞ↓

順調だった妊娠生活も、突然の発熱で変化を遂げた。
お腹の赤ちゃんの心拍が少し弱くなっている事。
あたしの状態も良くなくて、入院を余儀なくされた。
寝て起きて、少しだけ食事を摂ってずっと点滴を繋がれて。
指先の震えが止まらない。

窓から見えるのは、少し離れた所にある英徳学園。
お腹をさすりながら、あなたのお父さんとあそこで出会ったのよ。なんて話しかける。
もし記憶がなくなっていなかったら、あたしの隣にあいつはいたのかなって。
誰よりも心配してくれて、誰よりも大切にしてくれて、誰よりもあたしとこの子は愛されていたんだろう。
ホロホロと涙がこぼれた。
拭っても拭っても溢れて来て。
手に入れる事が出来ない愛情に、こんなに縋る思いをしたのは初めてだった。
少し大きくなったお腹に、今まで以上に愛着が湧いた。
あたしにはこの子しかいないんだと、今さらながらに思う。
何があってもこの子は、あたしが育てる。
絶対離してたまるか。

入院生活に終わりが見えなくて、不安と焦りが入り混じる。
いつ、普通の生活ができるのだろう。
バイトに行かないと、この入院費だって払えなくなる。
感染症に気をつけなければいけなくて、人の出入りが多い大部屋ではダメだと個室に入れられているあたし。
一日一日嵩んでいく入院費に、溜め息がこぼれる。
退院したいと先生に訴えてみても、病状が安定していないからダメだと突っぱねられた。
早く帰りたいのに・・・

学園を見るのが当たり前みたいになっちゃって、今日もつい最近まで通っていた校舎を眺める。
鎧みたいな制服を脱げた事に喜びを感じられない。
それはきっと、あたしの心の中にぽっかりと穴が開いてしまったからかな。

あたしの引っ越し先を探し出した花沢類に、両親は病気の事まで話してしまった。
家族以外が来ることないと思っていた病室に花沢類が来た時は本当に驚いた。
『なんで、ここに・・・?』
「牧野の両親が話してくれた。なんでもっと早く言わないのさ。何かあったら言ってって言わなかった?」
『そうだけど・・・』
「俺、そんなに頼りない?」
『ううん、そんな事は』
「じゃあもっと頼って」
それに答える事は出来なかった。

あたしが入院する度に花沢類はお見舞いに来てくれた。
支払いが滞っていたのもあたしが知らないうちに払ってしまって、後で返すと約束もした。
結局あたしはずっと、花沢類に頼ったままなんだ。
花沢類はあたしの病室で本を読みだすくらい、何しに来ているのかわかんないけど。
それでも、側に誰かがいてくれるだけでどこか安心できた。
精神的な支えになってくれている事は、出逢った頃から変わってない。
不安で落ち込みそうになっても、花沢類がいるだけで浮上できるんだ。


何度かの入退院を繰り返し、いよいよその時が来た。
陣痛を迎え、あたしは指導されていた通りに時間を計りながら待っている。
荷物の確認をしていると、玄関のドアをノックする音。
『へ?誰?』
誰もいないから自分で出るしかない。
ドアを開け、そこに立っていたのは花沢類だった。

「陣痛始まったんだって?」
『何で知ってるの?』
「パパさんから電話で」

さっきパパとママには陣痛が来たからもう少ししたら病院に行くと電話をかけた。
まさかそこから花沢類に連絡が行くとは思いもしなくてビックリ。

「病院行くんでしょ?うちの車で送ってく」
『いいの?』
タクシー代が浮く事にちょっと嬉しくなった。
「その為に来たんだから。荷物は?」
『あ、そこに置いてある』
あたしのボストンバックを持った花沢類と共に、病院に向かった。


父親だと勘違いされる花沢類、慌てるだけのパパと落ち着いたママと進に囲まれて、あたしは男の子を出産した。




ポチっとお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/337-ab45e037

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR