FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

The person of fate 31

3日後。

あたしの向かいには啓太が座っている。

「つくし・・・」

この1週間まともに寝ていないだろう啓太の顔には、以前のような生気は感じられない。

少し頬がやつれているように見える。

『ご飯食べてる?寝てる?体壊すんじゃないかって心配だよ。』

「つくし・・・本当にごめん」

初めて啓太の涙を見た。

拭う事もせず、膝の上に握られた拳にはますます力が入り白くなっていく。

『あたしは大丈夫。道明寺会長から話は聞いた。離婚…は仕方ない事なんでしょ?
今のあたしは啓太の役に立てない。むしろ足手まといになっちゃう。だから、力をつけて、日本に帰ってくるから。ビジネスパートナーとして、高野を支えたい。』

「つくしは・・・強いな」

『強くなんかない。今だって、抑えてないと膝がガクガク震えるの。不安しかない。だけど、道明寺会長はあたしを必要としてくれるから。』

「司は?司もつくしを必要としてるんだろ?」

『うん。・・・正直に話すね。あたし、道明寺と会ってた。滋さんや桜子に会うって嘘ついて。昔過ごせなかった時間を共有してた。啓太を裏切っていたの。本当にごめんなさい。』

「いいんだ。気付いていたよ。」

『え?』

「つくしが司の匂いさせてる事。わかってて言わなかった。俺から手放したくなかったんだ。つくしから言ってくれれば、つくしを憎んで終わる事が出来るのにってズルイ事ばかり考えてた。その結果がこれだ。笑っちゃうよな。」

『笑えないよ。あたし、啓太にどれだけ助けられてきたかわかんない。優しくて、頼りがいがあって、いつも支えてくれた。大好きだったんだよ?』

「ありがとう、つくし。もうサヨナラだ。あとの事はうちの弁護士と、道明寺で用意した弁護士で話が進む。俺はもう、道明寺に逆らう事が出来ない。」

『今までありがとう、啓太。元気でね。』

「つくしも。」

最後は涙を見せずにお別れしたかった。

泣かずに話が出来たあたしは、自分をほめたいと思った。

陽が落ちてきて、高層階にある部屋には夕陽が射している。

啓太と話している時は泣かないようにしていたのに。

一度気が緩むと涙は堰を切ったように溢れだした。

拭う事もせず、あたしは一晩中泣き続けた。



翌日。

弁護士はあたしの顔を怪訝そうに見ていた。

そりゃあね、泣き続けたおかげで目はパンパンに腫れてるし、鼻も赤いまま。

しょうがないでしょ!

いろんな事が起こりすぎて頭がついて行かないのよ。

「では、こちらにご署名と捺印を」

離婚届。

しばし見つめた後、最後になるだろう“高野つくし”と書いて印鑑を押した。

「本日中には提出いたしますので、その後手続きが済み次第牧野の姓に戻ります。名義変更、住所変更は全てこちらで行います。」

『あの、あたしはずっとここに住むんでしょうか?』

「聞いていらっしゃらないんですか?明日から道明寺邸へ移っていただきます。住民票もそちらに移すように伺ってますが。」

『そうですか』

誰も教えてはくれない。

あたしは守られるばかりで、全て決まってから聞かされる。

こんなの嫌だ。

なんであたしの事なのに、あたしが知らないのよ。

腹が立ってきた。

力つけてやろうじゃない。

あたしが真っ先に決められるだけの力を。

弁護士さんが帰った後、時差も考えずにこの間渡された道明寺のお母さんの番号にかけていた。

「Hello」

聞こえてきたのは、流暢な英語。

『牧野です。』

「忙しいの、用件は何?」

『あたし、NYに行きます。勉強して、MBA取って、会長の下で働きます。』

「そう。」

『いつか、道明寺がピンチになった時はあたしが共に戦えるようになりたいんです。家で指咥えて待っているような人にはなれそうにありません。公私共に、支えられるようになりたいんです。』

「こちらの世界は厳しいわ。NYに来る前に徹底的に英会話を学びなさい。あなたにはブランクがあるの。司の為と思うなら、なんて事ないわよね?」

『はい。あと、お邸でお世話になります。会長がやった方がいいと思うレッスンも、すべてやります。』

「わかりました。渡米は2か月後。その間のレッスンのスケジュールを西田に組ませます。」

『いつかあなたを“お義母様”と呼べる日を夢見て、精進します。』

すごく緊張した電話だった。

携帯を持つ手が、汗で湿っている。

何であんな事言ったんだろう。

バツイチの嫁って、道明寺家にはふさわしくないんじゃ…

ええい、もうそんな事気にしてる暇もない。

明日からまた忙しくなる。

あたしから言ったんだから、きっと休む暇もないくらいレッスン漬けの日々になるんだろう。

でも言われたからじゃない。

あたしが決めた事。

道明寺の隣に立つあたしは、あいつと同じところを見ていたいからなんだ。

あたしは会長が電話の向こうで、穏やかに微笑んでいたことなど知る由もない。




ランキングに参加してからアクセス数も増え、コメントをいただくようになり
執筆活動が捗るようになりました。
ありがとうございます!!
このお話は完結してますが、次の作品の下書きが終わるまで、小出しに更新したいと思います。
拍手やコメ次第ではポンポン更新するかもしれませんが…
基本、マイペースで行かせてください。
楽しんでいただけたら、嬉しいです


ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

Al…様
コメありがとうございます!
中毒だなんて…
嬉しい限りです♪
こちらこそ、よろしくお願いします!

Re: タイトルなし

さ…様
コメありがとうございます!
やっぱりつかつくは何があってもくっつくんじゃないかって思います。
私の勝手な妄想なんですけど…

これからも当サイトをよろしくお願いします(^v^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

こんにちわ(^v^)

完結してますよ~。
ゆっくり更新許してください<m(__)m>

押せ押せな司、設定がね、困るんですよね。
私も他のサイトさんを読み漁っていたんで、同じような設定だとなんかなーって。
面白くないなーって。

頭捻って、書けたら頑張ります!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/32-e09611cc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR