FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

あの雨の日に 12

あけましておめでとうございます!!
年末のご挨拶ができなくて、申し訳ないっす・・・
子供たちの相次ぐ体調不良で散々な年末年始でござんした。
やっとPCの前に座れます。
やっとうちのつかつくはジェットに乗りますよ(-_-;)
今年も気まぐれ更新の当サイトをよろしくお願いします。
皆様にとって、明るく楽しい1年になりますように。

では、続きをどうぞ↓


大した睡眠も取れないまま、出発時間を迎えた。
適当に見繕った荷物を持って部屋を出る。
エントランスですでに待っていた牧野は、俺を見るなり睨みつけた。
「な、なんだよ」
『おはよう・・・なんかあたしだけ手ぶらってやな感じ』
「向こうに用意してあるっつうの。気にするな」
口をとがらせるその仕草が俺の鼓動を早くさせるほど可愛くて。
後頭部に手を置き引き寄せ、頬にキスを落とした。
『な、な、何してんのよ・・・』
「おはようのキスだ。」
口をパクパクさせながら固まった牧野。
「何やってんだい、朝から。西田さん待たせるんじゃないよ」
「いえいえ、お気になさらずに。代表、牧野さんおはようございます。牧野さん、パスポートお借りいただいてもよろしいですか?」
『あ、はい。』
昨日俺には渡さなかったくせに、西田には簡単に渡しやがって。
バシッ
拗ねている顔に気付いたのか、タマに杖でケツを叩かれた。
「痛てぇな」
「旅先で信用を得るんだね。何よりも大変だけど、頑張りなよ」
「おぉ。言われなくてもな。」
『先輩、行ってきます!お土産買ってきますね!あ・・・お財布にそんなお金入ってないかも・・・』
「そのくらい気にすんな。行くぞ」
車に乗って、空港へと向かった。

プライベートジェットの中。
もちろん席は隣同士。
だって、他にそんなに席ねぇし。
これ見よがしに西田が書類を渡してくる。
牧野との時間を邪魔しやがって。
舌打ちしようが、西田の能面は崩れない。
離陸直後から俺は書類との睨めっこが始まった。

昨日大して寝ていなかったからか、普段はこんな事決してないのに寝落ちしてしまった。
どのくらい寝ていたかもわからない。
気がつけばシートも倒れていて、ブランケットが掛けられている。
手に持っていたはずの書類もサイドテーブルに置かれていた。
『あ、起きた?』
「寝てた」
『知ってるよ。寝ぼけてるの?』
クスクス笑いながら、牧野の視線は再び手に持っていた文庫本へと向かう。
リクライニングを起こし、ペリエをもらって口にした。
『もうちょっとしたらご飯の時間だって。』
「そんな時間か」
『疲れてるんだよ』

あーなんか、寝起きに牧野がいるってすげぇいい。
いつもこんなだったら、素直に起きてやるんのにな。

肘をついた手の上に顔を乗せ、牧野の横顔を眺める。
窓から差す陽の光に反射して、真剣に文字を追ってる顔もまた一段とかわいらしい。

再会してから、俺はいつも牧野に惚れ直している。
高校時代には気付かなかった一面に、毎回心躍らせるのだ。
俺の知らない間に他の男と付き合ったりしたのだろうか。
こんなに可愛い牧野を独り占めしたという奴がいたのか?
こんなに可愛い牧野を知っているのは俺だけでいい。
そう、これから先は俺だけだ。

『人の顔見て何難しい顔してんのよ。』
「してねぇよ」
『してる。どうせブスですよ。だからそんなに見ないでくれる?』
「いいじゃねぇか。今お前といるのは俺だけなんだからよ」
頬をうっすら紅くさせ、何も喋らなくなった。

「司様、進行方向に乱気流が確認されました。機体が少し揺れると思われます。シートベルトをお締めください。」
パイロットからのアナウンスを受け、ベルトを締めた。
こんな事はよくあることだ。
『ねぇ、大丈夫なの?』
「あぁ、大したことない。」
『でもさぁ、こう・・・映画とかって乱気流がトラブルの原因になったりするじゃない?』
「ハハッ、不安か?」
『べ、別に?』
意地張っているけど、指先に力が入っているのが見える。
「牧野」
『何よ。別に不安じゃないからね』
「手出せ」
『何で?』
「いいから。出せ」
差しだされた小さな手を、俺は包み込むように握った。
「大丈夫だ。俺がついてる。何があっても、これで一緒だろ?」
『うん・・・』
窓の外が暗くなる。
もうすぐ、乱気流に突入だ。



ポチっとお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

明けましておめでとうございます。
年末年始大変でしたね。
やっと落ち着いたら、早速に更新ありがとうございます。
今のところ穏やかな関係で、司の愛がひしひしと感じられます。
もう司は手放す気はないですものね(笑)
次を楽しみにしています。

新しい年が始まりましたね。年末年始大変だったご様子。そんな中、更新ありがとうございました。
再会したばかりの頃はちょっとギクシャクしていたようでしたが、腹をくくったのか、つくしが穏やかになったような気がします。司のつくし大好きは溢れんばかり❤
乱気流で繋がれた手は、もう離さないでね(笑)
これからも楽しみにしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/309-08ec8a3a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR