FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

あの雨の日に 5

運転手が開けたドアから降りて、病院の中へ。
気まずそうに俺の隣を歩き、受付に病室を聞いていた。
「牧野晴男さんは5階の523号室です。」
『ありがとうございます』
「牧野、先行ってろ」
『へ?』
「後から行く」
『うん・・・わかった』
エレベーターの方に向かったのを確認して、受付に行った。
「牧野晴男、今すぐ個室に移せ。治療も検査も出来る事は全てやって、費用はここに請求してくれ」
名刺を差し出せば、受付の女が受け取った。
「あ、あの!御関係を聞いてもいいですか?」
「義理の父親になる」
自分で言って、照れるもんだな。
「ではこれから手続きさせていただきます」
「頼んだ」
牧野を追うように、エレベーターに乗った。

さっき聞いた部屋番号。
大部屋らしいその部屋に入れば、牧野と牧野の両親がいた。
「道明寺さん!つくし!な、何で道明寺さんが?」
『いやぁ~流れで一緒に来たっていうか・・・』
「あんたまさか、また道明寺さんと?」
『そんなわけないでしょ!』
「道明寺さん、お久しぶりでしゅ!」
牧野の父ちゃん噛んでるし。
「お久しぶりです。これ、つまらないものですがお見舞いに」
「あ、ありがとうございます!」
「お怪我の具合はいかがですか?」
「いやぁ大したことありませんよ。ちょっと階段から落ちて、骨折しただけですから。」
「それでも、お仕事や普段の生活に支障が出ますよね。」
「まぁ、何とかなりますよ。」
「個室を手配させていただきました。いい機会ですから、隅々まで検査してください。孫の顔を見る為にも長生きしていただかなくてはいけませんから」
「ま、孫?つく、しと道明寺さん・・・の?」
『何言ってんの!そんなわけないでしょ!って言うか道明寺!勝手に個室とか、検査とか決めないで!』
「俺はお世話になったからその恩返しにと思っただけだ。お父さん、費用は気にしないでください。」
「いいんですか?いや~悪いなぁ」
『パパ!』
「ちょっと牧野さん!廊下まで響いてますよ!キャ、カッコいい・・・」
「すいません、お騒がせしてしまいましたか?」
俺が言えば、看護師は黙った。
「いいえ、そんな事ありませんよ~」
「牧野さーん、個室移りますよ~」
『え、もう?』
看護師がぞろぞろと来て、あっという間に個室に移った。
「つくし、道明寺さんと来てるならもう帰りなさい」
『え、でもパパ大丈夫なの?』
「パパなら大丈夫だ!ちゃんと治るまで2か月くらいはかかるけどな。」
『治るまで仕送り多めにするね。パパ働けないんじゃ大変でしょ?』
「ありがとう、つくし。本当に助かるわ。道明寺さんもわざわざありがとうございました。ここまでしていただいて」
「いいえ、つくしさんのお父さんですから、僕にとっても大切な方です。早く完治される事を願っています。何かあればご連絡ください。すぐに対応しますので」
牧野の母ちゃんに名刺を渡した。
「じゃあ、この子お嫁に貰っていただけますぅ?」
「はい、喜んで」
『ちょっと!話おかしいでしょ!ってか道明寺も!そんなこと簡単にOKしないで!』
「せっかくの玉の輿が~」
『ママ!』
久しぶりに、心から笑った気がする。
やっぱ牧野んちは面白い。

「では、そろそろ失礼します。牧野、行くぞ」
椅子から立ち上がり、部屋を出る。
『パパお大事にね。ママ、また連絡するから。』
ドアの前で出てくるのを待つ。
このほんのちょっとの時間でも、幸せを感じてる俺。
最近こんなゆったりとした時間なんてなかった気がする。
最近どころか、もう何年も。
牧野が去ったあの日から、周りは目まぐるしく時間だけが過ぎていった。
その中で俺は、1人取り残された気分だった。

『お待たせ。東京帰るんでしょ?』
「いや、こっちで少し遊んで帰ろうぜ」
『え?いいよ、帰ろうよ。あんた忙しいんでしょ?静岡連れて来てもらっただけでも申し訳ないくらいだし』
「時間あるんだから行くぞ。今日は俺に付き合う約束だろ?」
『あたし静岡の名所なんて知らないから』
牧野の腕を引き、エレベーターに押し込んだ。



ポチっとお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/302-1b738cb4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR