FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

The person of fate 29

『もしもし』

「牧野、大丈夫か?」

その日の夜、自宅に戻ると携帯が鳴った。

いつもはメールだから、滅多に電話をかけてはこないのに。

『なんか、信じられなくて。お義兄さんがあんな事するなんて思えない。どこにいるかわかんないから話も聞けないの。』

「牧野…」

『あたしには力が無さすぎて、何もできない。悔しい。悔しいよ、道明寺…』

知らずのうちに、涙が零れた。

「お前は啓太を信じて待ってろ。それはお前にしか出来ないことだろ?啓太が望むなら、俺は高野に力を貸してやる。心配するな、高野は持ち直せる力を持ってる。俺が、保証する。」

『ありがとう』

「いずれそこもマスコミにバレる。メープルに部屋を取るから、しばらくは部屋から出るな。」

『そんな、そこまでしてもらうのは悪いよ。』

「今の俺にはこれくらいしかしてやれねぇ。啓太には俺から話しておいたから。高野から緊急のアポが入った。」

『なんで、道明寺に?』

「大体話の内容はわかってる。ババアも交えて、高野のこれからを話し合うんだ。」

『道明寺のお母さんまで・・・』

「たぶん、うちの傘下に入るだろう。親父さんと啓太以外は役員総入れ替えだ。株価が下がり過ぎてる。」

『そんな・・・。』

「啓太はお前に心配かけまいと奮起してるんだ。そんな弱気になるな。これ以上のスキャンダルはまずいから、しばらくは会えそうにもないな。負けんなよ、牧野。俺がついてる。信じて待ってろ。」

こんな無力なあたしを、道明寺は励まし続けてくれた。

「もうすぐ迎えが行く。啓太の着替えも持って行け。運転手に渡せば、高野まで持って行くようになってる。」

『何から何までありがとう。もう、あたし・・・』

「泣いてる場合じゃないぞ。気をしっかり持て。どんな結果になろうとも、受け入れる覚悟はしておくんだ。」

『うん。そうだね。覚悟、しておくよ。』

「じゃあ、何かあったらすぐ連絡してこい。滋や桜子、あとお前の親友なら泊めても構わない。」

『うん、寂しくなったら連絡する。』

「牧野、愛してるよ。」

こんな時に何を言ってるんだろうと思ったけど、あたしの緊張した心を溶かしてくれるには、最高の言葉だった。

それからすぐに自分の着替えと、啓太のスーツやらシャツやら着替えをスーツケースに入れて、迎えの車に乗った。

メープルのスイートなんて、バカじゃないの!

1人広すぎる部屋をもてあましていた。

でも、しばらくは動けそうにもない。

身を隠すには、セキュリティの万全なメープルは最適だ。

翌日、部屋に届けられた新聞とテレビを見ながら、時間を潰していた。

高野コーポレーション、倒産危機

新聞の一面には、昨日お義父さんにもらった資料と同じ言葉が連なっていた。

その時、いつ鳴ってもわかるようにしていた携帯が着信を告げる。

知らない番号だけど、これが国際電話だと言う事はわかる。

恐る恐る応答ボタンを押すと、つい最近高野の廊下で聞いた馴染みのある声。

『お義兄さん?』

「つくしちゃん、ごめんね。迷惑かけて。」

『お義兄さんどこにいるんですか?大変なことになってますよ?』

「知ってるよ、元凶は俺だもん。」

『お義兄さん、帰ってきてください。ちゃんと説明してください。』

「ごめんね、それはできないんだ。親父に、俺の苦しみわかってもらわなくちゃ。」

『苦しみ…?』

「俺はずっと啓太と比べられてきたんだ。啓太は頭の切れるやつだから、俺よりも経営センスがある。だけど、高野を継ぐのは長男の俺だと小さい頃から言われ続けていた。
どんなに努力しても啓太を超える事は出来ない。つくしちゃんというお嫁さんまで連れて来て、俺は焦りを感じた。
仕事で利益をあげればいいのか、見合いをしていいとこの奥さんを貰えばいいのか、どうしたら親父は認めてくれるのかわからなくなって、俺は暗闇に迷い込んだんだ。
そんな時に、友人の紹介である奴に会ってね。悪い事だってわかってはいたよ。それでも、悪事に手を染める事はやめられなかった。俺の居場所はそこにしかなかったんだ。
そいつからいろんな事を吹き込まれて、談合も闇取引もやってしまった。
もう、後戻りはできないんだ。俺は消える。二度と会う事はないよ。
元気でね、つくしちゃん。俺も、君みたいな子と出会いたかったよ。」

『お義兄さん!』

切れてしまった電話。

あたしにだけ打ち明けてくれた本音。

どうしたらいいのか、一日中考えていた。



ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

すごく楽しかったです。
続きたのしみにしてます。

Re: タイトルなし

コメありがとうございます!

楽しいと言っていただけて、嬉しいです(*^_^*)
調子に乗って、続きアップします。
再び楽しんでいただけたら、更に嬉しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/30-53e22851

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR