FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

あの雨の日に 1

お話の更新はお久しぶりです。
今回は歌がモチーフだと言いましたが。
何の曲かは最後に明かしたいと思います。
全然違うじゃん!って思われそうで(-_-;)

ではでは、オール司視点でどうぞ。↓
「お前、何で傘持ってねぇんだよ」
『そういうあんただって、ずぶ濡れじゃない』
「いいんだよ、雨も降らせるイイ男っていうだろ?」
『それを言うなら水も滴るだよ・・・』
「いいから、早く家に入ってシャワーしねぇと風邪ひくぞ」
『・・・一緒には入らないからね』
「だ、誰がそんな事!」
こんなやりとりを期待していた自分。
それなのに、牧野は俺の手を振り払い背を向けた。

あの日の牧野はどうかしていた。
そう思いたくても、あいつの声が頭の中でリピートする。
『約束したの。今後一切、道明寺家とは関わらないって。あたしの意志で』
『どうだろ。でもね、もしあんたのことが本当に好きだったら、こんな風に出ていかないよ』
追いかけていけなかった。

・・・本当は頭のどこかでわかっていたんだ。
牧野と付き合っていく事が、簡単な事ではないくらい。
初めて得た愛情を、手放さなくてはいけない事も。
再び手を払われたら、俺は立ち直れないかもしれない。
この女だけは、俺の思い通りに動かないと理解しているからだろうか。
牧野が曲がった角をしばし見つめた後、踵を返して門をくぐった。
ずぶ濡れの俺に、使用人たちは慌てたようにバスタオルを持ってきたが受け取る気にもなれない。
濡れたままソファ―の端に蹲り、涙も出ない目をつぶった。


「坊ちゃん、そのままじゃ風邪を引いちまうよ」
「タマ、俺はもう、誰からも本気で愛されねぇんだな・・・」
「何言ってんだい。らしくないよ。ほら、こんなに冷えて、お風呂に入って温まってきな。」
「ま、・・・・・・」
名前を呼ぶことに、ためらいを感じた。

俺を捨てていった女。

あいつだけは、本当の俺を見てくれていると思っていたのに。
裏切られて、こんな振られ方をして、この俺様を振るとはイイ根性してるなって腹が立つのに。
あいつが俺に笑いかけてる姿ばっかりが浮かんでくる。
道明寺って呼ぶのはあいつだけだった。
捨てたいと思った名前が、あいつが呼ぶだけで価値があるものに思えたんだ。



「坊ちゃん、泣いてるのかい?」



言われて初めて、頬を伝う涙に気がつく。
人前で泣くなんて、恥ずかしくて手で拭う。

「それくらい好きだったんだ。無理に忘れようとしなくても、時間が経てばいい思い出になるよ。振られた事を怒りに変えちゃあ、男として最低だね。」
「わかってるよ、そんなこと」
「・・・あの子は、どこででも生きていけるさ。不器用にしか生きられないけどね」
雑草魂は、どこにでも通用しそうだもんな。

「風呂入ってくる・・・」
「はい、行ってらっしゃい」
「それと、明日NYに発つ。もう日本にいる意味がねぇからな」
「・・・そうかい。伝えておくよ」
部屋を出ていくタマ。
スカートの裾が少し濡れていたようにも見えた。



あいつのいない生活は、俺には何の楽しみも喜びもない。
食事をしても、何を食べても美味いとも思えない。
眠ることが苦痛になって、浴びるように酒を飲むようになった。
それでも、どれだけ性欲が溜まっていても、女だけは受け付けなかった。
同性愛者だと噂されようがどうでもいい。
2人きりにされるだけで、吐き気が襲ってくる。
振られた事がトラウマになっているらしい俺は、一生女とは無縁な生活を送りそうだ。
NYで、大学と会社と近くに借りたマンションだけを往復する日々。
彩りを失った世界は、影を落として渇ききっていた。




ポチっとお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きた これぞ

猫様の真髄~

たまらない もう

続き~ 続き はやくーとは言ってはいけないんですが…

あードキドキがたまらないっす

女王さまー


てか こちら初コメントで 失礼いたしますm(_ _)m
K研究員ことkizyuーmammyです

いつも楽しく読ませていただいております


これからも 宜しく お願いいたします

大変失礼いたしました

m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

ギャー(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)

すみません コメントガッツリ間違えた上
公開という失態…

本当に失礼いたしましたm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

リゲ…様

コメントありがとうございます!

まさかの推進委員会の支部長様からのコメント…
大変うれしゅうございます(^v^)

私も誰でも抱くっていう設定書いた事ありますので、今回は違う方がいいかなって思ったんです。
このお話には記憶うんぬんは出てこないですからね。

これからも楽しんでいただけたら嬉しいです!

Re: はじめまして

向…様

コメントありがとうございます。

同業者様、さらには支部長でいらっしゃる方のコメント・・・
本当に嬉しいです(^v^)

もう落ち着きました!
今まで以上に家事する時間が増えたので、毎日更新は難しいのですが、これから頑張りたいと思ってます。

たぶんレイニーブルーはいろんな方が思い浮かべるんじゃないかとは思ってましたが、違うんですよ。
ここで暴露しちゃえば、1曲ではないんです。
雨の歌と、失恋ラブソングですね。
織り交ぜて、司の心境を描いています。

何の曲かを考えながら、次回も楽しみにしててください。

Re: 大変失礼いたしました

kizyuーmammy様

コメントありがとうございます。

こんなに謝罪しなくても…(笑)

猫様は私も大好きな作家さんの一人です。
勘違いとはいえ、お話を好んでくださったのは嬉しい限りです。

これからも当サイトをよろしくどうぞ。

Re: タイトルなし

to…様

コメントありがとうございます。

大人になった司だから出せる切なさを、前面に出していきたいと思ってます。
書いてる私もちょっと司に同情したくなります(笑)

これからの2人がどうなるのか、楽しみにしててください!

Re: お待ちしておりました

まま…様

コメントありがとうございます。

これから2人は再会します。
そしてどうなっていくのか、楽しみにしててください!
気になるって言ってくださるのが、嬉しいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/298-0aff7964

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR