FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

空を見上げた時 75

1週間以上更新できなくて申し訳ありません・・・
某掲示板にお邪魔はしてましたけど(-_-;)
来月お引越しを予定してまして、ずっとバタバタしてます。
更新が今まで以上にまちまちになってしまうかもしれませんが、ご了承くださいませ。
更新待ってるよ~って掲示板で見て、嬉しかったです(^^ゞ
病気とかでもなく、ただPCの前で話を書く時間が持てないだけです…
ご心配ありがとうございます!

ではでは、続きをどうぞ↓

道明寺の考えている事がわからなくて。

でも、あたしはお父さんを犯罪者にするつもりもない。

それはきっとパパもママもわかってくれるはず。

この5年間、お父さんは本当の娘のように大切に育ててくれた。

道明寺と結婚する為にしなくてはならない花嫁修業だって全部やってきた。

感謝しかないよ。

記憶が戻った事は嬉しい事のはずなのに、あたしは不安でいっぱい。

食事の片づけが終わりボーイさんたちが部屋を出た後、あたしはソファーで隣に座る道明寺の肩に頭を預けた。

「どうした?」

すごく自然な動作で、あたしの肩に腕を回す。

右手はあたしの髪を優しく梳き、あたしの全ての不安を包み込んでくれるような包容力があった。

『明日から、どうしたらいいかな』

「別にそのままでいいじゃねぇか。皐月だったお前も大して変わんねぇぞ?強いて言うなら、金に困ってねぇくらいだろ。」

『当たり前のようにしてたけど、よくよく考えればお父さんのお金なんだよね。マンションだってそうだし。どうしたらいいのか
わかんないよ・・・』

「返そうとか思うなよ?」

『え、なんで?』

顔を上げれば、道明寺は優しくあたしに微笑みかけてくれている。

「牧野に金使ったのは、逢坂社長の愛情だ。突き返したら、逢坂皐月の人生全てを否定する事になる。どうせお前なら、娘
である事に変わりはないって思ってそうだしな。だから、今のままでいいんだよ。仕事の時だけ逢坂皐月を名乗ればいい。
プライベートは牧野つくし。それで混乱は避けられるだろ」

『・・・道明寺は、まるでこうなる事がわかってたみたいだね』

「こういう事がいつ起こってもいいように想定はしてた。ビジネスとしては当たり前だな。」

『あたしとの事はビジネスだったって言うの?』

「ちげーよ、勘違いすんな!お前との事は、本気で向き合ってきた。後悔してたんだ、事故に遭って行方不明になった時も
、仕事放りだしてでも帰国して探すべきだったって。だから、記憶を失くしたお前でも、俺はお前を愛して添い遂げようと思
った。類に渡してたまるもんかってな」

あたしが思っていたより、道明寺は格段とイイ男になっていた。

何が起きてもいいように、いろんなことを想定して先回りしている。

さっきあたしが、他の人と肌を重ねたから道明寺とはもう付き合えないって言っていたのがバカみたい。

言葉に出来ない溢れる愛しさは、生涯かけて道明寺だけ。

あたしの心は、道明寺でいっぱい。

好きも愛してるも側にいたいも、寂しいも悲しいも恋しいも全て道明寺に繋がっている。

素直になれない性格を、今以上に悔んだ事はない。

『ありがと・・・』

それしか言えないあたし。

「1人でうだうだ考えるなよ?お前には俺がついてる。何も心配する事はない」

こくんと頷き、再び道明寺の肩に頭を預けた。



目が覚めて、大きなベッドに一人で寝ている事に気がつく。

起き上がり、少しだけ肌蹴たバスローブを直すとリビングの方に向かった。

何だか聞き覚えのある声が聞こえる。

そこにはすでに着替えた道明寺と、お父さんの姿があった。

『お父さん!?』

「おはよう」

少しだけ眉を下げて、他の人にはわからないような困った笑顔を向ける。

記憶が戻ったあたしに、どうしたらいいかわかんないんだ。

だったらあたしは今まで通りにする。

それが、礼儀だと思うから。

「着替えて来い。クローゼットに着替え入ってるから」

『うん』

洗面所で着替えて、歯を磨いて顔を洗う。

パチンッ!

両手で頬を叩いて、気合を入れた。

この話し合いで、あたしの人生が決まる気がした。


ポチっとお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。
更新ありがとうございます。
一日に何度か覗きながら、体調がお悪いのか、超お忙しいのか‥‥と、思っていました。
お引っ越し前後は、忙しいですよね。
司がどのように丸くおさめようとしてるのか、気になりますが、ゆっくりお待ちしていますね。

更新ありがとうございます

更新ありがとうございます。体調不良等でなくて、本当に良かったです。これからも、ゆっくりお待ちしておりますね。

司君。本当にいい男になりましたよね。愛情もたっぷり。あ~つくしちゃんがうらやましいです。逢坂のお父さんも凄く素敵な方だし、みんな幸せになってほしいな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/292-9146ea38

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR