FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

The person of fate 26

総「なぁ、あれどうなってんだ?」

2台で十分だと、3人で俺の車に乗っていた。

総「司と牧野はあのパーティ以来、プライベートでは会ってないはずだろ?」

あ「雰囲気が違うよな。」

総「お互いが、元恋人を見る目じゃねぇよ。」

類「NY行く前の司みたいだったね。司、牧野と不倫でもしてんのかな?」

総「牧野はそんな器用な事できねぇだろ。」

類「わかんないよ?嫌いになって別れたわけじゃないんだから。」

あ「俺の事散々言っときながら、あいつがねぇ。」

類「啓太から奪い返そうと、考えてるかもね。」

総「司が牧野を放っておくとは思えねぇしな。」

あ「今頃車の中で襲われそうになってるんじゃねぇか?」

類「牧野は今でも猛獣使いだから。」

3人とも、司とつくしを思う気持ちは一緒。

ただ幸せになってくれればいい。

高校生だった頃の二人を見ていれば、そう思わずにはいられなかった。


俺が予約していた部屋に入れば、司は牧野の隣にちゃっかり座ってた。

いつもは上座に座る司が、そこを空けて二人並んで座れる席に座っている。

類「俺が牧野の隣座りたかったのに。」

『また今度食事に行こうね、その時は二人で。』

総「人妻の台詞とは思えないよ、牧野」

『啓太は器が大きいの。そんな事じゃ怒らないわ。』

あ「じゃあ俺も遠慮なく誘うよ。お袋や妹たちが牧野に会いたがってる。」

『美作さんち?行きたいな、お母様の作るケーキ大好きなの。』

総「うちにも来いよ。いつでも茶立ててやる。」

『ありがとう。そのうちね。』

類「司は?やっぱり誘いづらい?」

司「俺は前から約束してる。」

牧野が司の袖を引っ張ってる。

首を振って、それ以上は言うなと目で訴えながら。

司「こいつらには、すでにバレてると思うけどな。」

『道明寺?』

司「俺が牧野と不倫してるって気付いてんだろ?」

『ちょっと!』

総「やっぱりな。」

あ「お前ら分かりやすすぎ。」

『え?嘘?他の人にもバレてるかな?』

あ「たぶん啓太は気づいてないだろ。そんな様子なかったし。」

総「まぁ、俺らは司と付き合い長いからちょっとした変化にも気付くんだよ。今の司は、高校生の頃と同じ目をしてる。」

牧野しか見えてなかったあの頃と同じ。

総「それなりの覚悟はしてるんだろ?司も牧野も。」

司「当たり前だ。俺はいつでも牧野を迎え入れてやれるさ。その為の5年だったんだ。無駄にして堪るか。」

総「牧野、お前の方がリスクは高いだろ?」

『・・・そうなんだよね。啓太に申し訳ないって思いながら、道明寺と会うことをやめられないんだ。滋さんや桜子にも迷惑かけてる。マスコミに見つかったら、一貫の終わりね。日本にいられなくなるのを覚悟はしてる。啓太と別れればいいのかもしれないけど。』

類「牧野からは離婚できない?」

『愛情がないわけじゃないし、感謝もしてるから。そう簡単にはね。』

類「じゃあ必死で守りなよ、牧野が傷付くのはもう見てられない。」

『類…』

類「俺も混ぜてくれる?二人も三人も変わんないでしょ?」

『む、無理!』

司「類!てめぇは黙って聞いてりゃ勝手なことばっかり抜かしやがって。」

類「勝手なのは司でしょ。なんで今まで黙ってた?俺たちはそんなに信用ない?バラすとでも思った?昔みたいに会う時間は減ったけど、親友だろ、俺たち。」

総「そうだな。類の言う通りだ。」

あ「俺は不倫をどうこうは言わないよ。むしろ、バレないようにする手段は熟知してんだからレクチャーしてやるよ。」

司「お前ら…」

『もっと早くに打ち明けてればよかったね、道明寺』

司「あぁ。」

あ「さ、飲もうぜ。」

総「久々のF4集合だ。」

懐石料理を食べながら、冷酒を煽っていく。

牧野は隠す必要がなくなった事に安心して、司にベッタリだった。

美味しそうに食べる牧野を見つめ、俺のも食えと差し出す司。

『道明寺の分がなくなっちゃうよ?』

司「じゃあ一口くれ。」

『はい、あーん。美味しいでしょ?』

司「あぁ、美味いな。」

『はい、どうぞ』

お酌して、料理に箸をつける牧野。

最後の水菓子も食べ終わり、酒だけになった座卓。

牧野は酔ってるのか、司に寄りかかって今にも寝そうだし、司はそんな牧野を愛しそうに見つめ肩を寄せている。

司「お前らに話してよかったよ。」

総「邪魔者な気がしてならないけどな。」

司「いつもは滋が取った部屋で数時間しか会えねぇ。
食う事が好きな牧野をレストランにも連れてってやれないんだ。こいつはルームサービスでも十分だって言うけどよ、俺は不満だった。
今日は本当に楽しそうな顔してて、俺も嬉しかったよ。」

総「いつでも付き合ってやるよ。俺らと会ってる時に司がいてもおかしくないだろ?」

あ「でも今日みたいなのは見てるこっちが困るな。」

類「牧野じゃないみたい。」

司「再会してからずっとこんなんだよ。
別れた時、もっと素直になってればって後悔して以来、その時の感情を素直に言うようになった。恥ずかしいって思ってたら、また後悔するって。」

類「牧野は司と別れた事を後悔してるの?」

司「別れた事よりも自分の気持ちを抑えてた事を後悔してるな。
俺は言えばいつでも答えてくれるのに、恥ずかしいとか、そんなの自分じゃないとかどうでもいい言い訳ばかりして素直じゃなかった。あの時正直に言えてれば、違う未来があったのかもって。それでもダメなら、仕方がないこと、だとよ。」

類「牧野なりにいろいろ考えたんだね。」

司「こいつは昔から1人で抱え込む癖があるからな。忙しかった俺に言えなかったんだろうよ。」

総「司はどうするんだ?牧野とこれから。」

司「どうしたらいいのかわかんねぇよ。啓太との離婚を迫っても、牧野を追い詰めるだけだし。かと言って今のままでいいとも思えねぇしな。お互いの首を絞めてるような関係、終わらせてぇよ。」

類「でも、会わずにはいられない?」

司「仕事で顔見るとダメだな。全く会わないんだったら、なんとかなってたかもしれねぇけど。」

あ「チャンスがくればいいな。」

司「おぉ」

あ「じゃ、帰りますか」

司「類、牧野送ってってくれ」

類「司行かないの?」

司「俺が行けるわけねぇだろ。啓太は類と二人だと思ってるだろうし。」

類「そっか。まきのーおきてー」

司と反対側で牧野に声をかける。

『ん…類?」

類「帰るよ、送ってくから。」

『うん、あ…そっか。類と帰らなきゃね。』

類「司がよかった?」

『え?あ、いや、まぁ・・・』

類「牧野、ちょっとごめんね」

司から離れ、まだボーッとしてる牧野を抱き締めた。

司「類!」

類「司、牧野と会う時はコロンつけない方がいいよ。匂い移ってる。総二郎とあきらにもハグしてもらいな。混ざってわかんなくなるから」

『あ、うん』

総「おいで、牧野」

正面からハグしたあきら、奪うように後ろからハグした総二郎。

司「西田にも言われたよ。匂いに気を付けろって。」

総「司のは特注なんだろ?昔から変わらないもんな。」

類「牧野は香水つけないから残りやすいんだ。」

『ごめん、今日はあたしも浮かれてた。』

あ「たしかに浮かれまくりだな。」

総「でも可愛いよ、素直な女の方が。牧野なら、俺も不倫でもいいな。」

司「総二郎!」

あ「不倫なら俺だろ?俺と試してみるか?」

司「あきら!」

『ありがとう。今のあたしは道明寺だけで十分だから。』

総「何かあったら言ってこいよ?アリバイでも何でも協力してやるよ。」

『うん。』

類「さ、帰ろう。」

牧野と車に乗ると、3人は司の車に乗り込んだ。

類「牧野、後悔しないように生きなよ。」

『類?』

類「俺は、牧野が傷付いたり悲しんだりするのは嫌なんだ。
周りを気にするなっていうのは難しいと思うけどさ、自分の気持ちを大切にして、誰といるのが幸せになれるのか、考えなきゃね。決めなきゃいけない時が必ずくるから。」

『うん、やっぱりあたしの事を一番わかってくれてるね、類は』

類「じゃあ俺を選んでくれる?」

『それと話は別』

類「俺は、司だから牧野を諦めたんだ。啓太じゃやっぱり不満だな。」

『ちゃんと考えるよ。このままじゃダメだってわかってるから。』

そう言って前を向いた牧野は、昔と変わらない芯のある強い目をしてた。



ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

わぁー!初コメありがとうございます!
私もいろんなサイト読み漁り、つくしが結婚する話がなくて思いついた作品です。
初めて書いた話なので拙い部分もたーくさんあるし、表現に乏しい部分もありますが楽しんでいただけているなら、嬉しい限りです(*^_^*)

これからもがんばります!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/27-96a2a291

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR