FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

空を見上げた時 44

今日はちょっと早めの更新~
では、続きをどうぞ↓

目が覚めたら、ベッドの上だった。

司が運んでくれたんだろう。

それ以外に考えられない。

体を反転させれば、ソファーに座ってタブレットを操作している姿があった。

上半身を起こせば、ベッドが軋んだ音で司が顔をこちらに向ける。

「起きたか?」

『うん。仕事?』

「メールのチェックしてた。」

タブレットを置いて、ベッドの端に座った。

『もういいの?』

「あぁ。ここにいる間は皐月優先だからな」

私の全てが司でいっぱいで、愛しさが溢れ、愛されていると実感する。

このまま時が止まればいいのに。

ずっと一緒にいられるこの時間が、幸せ以外に言いようがない大切な時。

今まで何人かお付き合いしてきた人はいたけど、それでも私に初めてを与えてくれる司。

安らげるのも、ドキドキするのも、笑うのも、怒るのも、寂しくなるのも、司だから。

「下行くか?」

『うん。喉乾いた』

私の手を握る司の手は、私より一回りくらい大きい。

ずっと、この手を握っていられるように。

この幸せな時間を失わないように。

私は、司を信じるって決めたから。




優しくて、甘くて、まるで夢を見ているかのような幸せな時間はあっという間に過ぎていく。

明日から司は仕事。

私はもう一日休みがあって、司の家に泊まって出勤を見送った後、支度をした。

今日は約束がある。

類との約束が。

昨日、司に類と会いたいと言ったら、すごく嫌そうな顔をしたけれど許してくれた。

自分は会議と新年の挨拶でランチさえも相手にできないからと。

美作さんがあらかじめ話してくれていたらしく、スムーズに約束ができた。

類も今日までがお正月休みで、時間があるらしい。

司が2人で出かけるのは癪に障ると、うちで会えと言うからここに来ることになっている。

アウェイである人の家で会うのも、変な感じ。

「花沢様がお見えになりました」

リビングで待ってると、メイドさんが類の来訪を告げる。

扉を開け入ってきた類は、いつもと変わらない笑みを浮かべて「あけましておめでとう」って。

『あけましておめでとう。あのね、類、』

「いいよ、もう。俺は皐月に謝ってほしくて来たわけじゃないよ?」

『それでも・・・』

「俺が皐月を好きな事に変わりはないから。司と付き合ってるからって今の関係は変えないって言ったでしょ」

・・・私は少しでも類の気持ちを疑ったのに。

知らない人の言葉で、大切な人を疑ったのに。

謝りたいのは、自己満足だってわかってる。

類がもういいと言ってるんだから。

それでも・・・

『でも、言わせてほしい。ほんの少しでも、類を疑ってしまった事、本当にごめんなさい。そんな人じゃないって、この数カ月
一緒にいてわかってたはずなのに』

「じゃあ、俺はその謝罪を受け入れる。これでこの話は終わり。ね?」

『・・・うん。ありがとう』

「司んちの別荘どうだった?楽しかった?」

話を変えてくれた類。

私は類を選べなかったけれど、人としてとても好きだと思う。

『楽しかったよ!31日にね、年越し蕎麦自分たちで打ったりして・・・』

「え、蕎麦って素人が打てるの?」

『できるよ!やってみるとね、結構難しいんだけど楽しいの。司ったら教えてくれてるシェフに怒るしさ、大変だったんだよ』

「へぇ~やってみたいな」

『・・・やってみる?たぶん道具あるんじゃないかな。聞いてくる』

そう言って厨房へと足を向けた。




皐月と過ごす時間。

俺にとって失くしたくない、大切な癒しの時間だ。

今までも、俺にごめんねとありがとうを何度も言ってきた。

聞き飽きたと言っても、言わなきゃ気が済まない性格は変わりようがない。

世話焼きな部分も、すぐに顔を赤らめるところも牧野を思い出させる。

記憶を失くしても、こうして一緒に過ごす事が出来るのは、皐月が変わらないから。

家柄と名前が違うだけで、中身は牧野のまま。

だから、好きにならずにはいられない。

『類!厨房でできるって!』

嬉々として呼びに来た皐月。

やってみたいとは言ったけれど、本当は面倒臭いとも思っている。

でも、皐月と一緒なら楽しいだろう。

俺にエプロンをつける皐月を、チラチラと見ていた。





ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/261-fd0d75e1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR