FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

空を見上げた時 37

やっぱりあきらはF4に欠かせない存在。
つづきをどうぞ↓

「部屋まで送っていくよ」

『美作さん・・・』

隣に誰かが並び、顔を上げればそこには美作さんがいた。

「1人じゃ危ないよ。」

『1人で考えたいんです。司の事も、類の事も』

「誰に何を言われた?」

『・・・秘書課の人が、私が、司の亡くなった恋人にそっくりだって。私を好きなんじゃなくて、その人の面影を重ねているだけなんだから勘違いするなって。類もその人の事が好きだった、みたいな言い方されました。』

「それさ、皐月が1人で考えて、答えが出ると思ってる?」

『え、』

「今は1人で考えるより、俺らに話を聞く方が先だろう。わけわかんねぇ女の話を信じるのか?お前が信じるべきは、司や
類だと思うぞ。」

もっともな事を言われ、私は次に繋ぐ言葉が出ない。

「聞きたい事があるなら、何でも聞けばいい。司は、皐月にだけは嘘つかない。」

そうなんだよね。

司は、今まで嘘はついたことない。

出来ない約束はしないし、私に対してもとても真摯に向き合ってくれていた。

「でも、今日だけは1人になって頭ん中整理するのもいいかもな。冷静にならないと聞きたい事もわかんなくなるだろうし、
感傷的になってケンカになりそうだ。」

『…美作さんは、司の亡くなった恋人を知ってるんですか?』

「あぁ、よく知ってるよ。俺や総二郎にとっても、大切な人だった。太陽みたいに、いつも笑ってる奴だったよ。」

美作さんが話す様子を見ても、とても大事にされてたんだなって思う。

司は、恋人を失くした悲しみを乗り越えて私を好きになってくれたのかな。

「だけど、お前は代わりじゃない。皐月は皐月だよ。自分を見失うな。」

『・・・うん、』

どうしよう、泣きそう。

美作さんは、私が欲しい言葉をくれる。

それが心にしみて、温かくなった。

「今日は泣くなり叫ぶなり考えるなり好きにしろ。明日から司と旅行なんだろ?司が自分をどう思ってるかわかるだろうし、
聞くにはたっぷり時間がある。」

『はい。ありがとう、美作さん』

「これ、渡しておくから何かあったら連絡して。」

美作さんの名刺を貰った。

「そういえば、話掛けてきた奴の名前知ってる?」

『名刺貰いました。』

クラッチバッグから名刺を出して渡した。

「これもらってもいい?」

『はい、どうぞ』

話す為にゆっくり歩いて、部屋の前に着く。

「じゃ、今日はゆっくり休んで、明日は笑顔で司迎えてやってよ。」

『はい。本当に、ありがとうございました。』

「おやすみ」

『おやすみなさい』

私が部屋に入ると、ドアの前から足音が遠ざかっていく。

1人になりたいって言っておきながら、司が追いかけてくれるんじゃないかって少し期待した。

今となっては、美作さんでよかったって思う。

頼れるお兄さんって感じがして、何でも話せそう。

声も話し方も雰囲気も優しさで溢れていて、すごく安心できた。

1人で使うには広すぎるスイート。

メイクを落としてシャワーを浴びて、考えるのは司や類の事。

嘘じゃないって、確かめよう。

私は私。

美作さんに言ってもらった言葉で、自信がついた。

明日、笑顔で司を迎えられるように。

私は司が好きだから。

それだけが、私の強み。





ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/252-6be339b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR