FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

The person of fate 22

この状況はマズイ。

ヤバい。

だけど、この熱を含んだ瞳で見つめられると動けなくなる。

抵抗しなきゃ。

今さらこんな関係になるのはおかしいよ。

あたしには啓太がいるの。

あたしの帰りを待ってるの。

なのに、なのに…

心の奥深くに仕舞いこんだはずの道明寺への想いが、少しずつあたしの心を侵略し始めてる。

高校生だったあたしには踏み出せなかった一歩を、今になって踏み出そうとしてる。

ごめんなさい、啓太。

今だけは、あの頃のあたしでいさせて。

道明寺だけが全てだった、3年前のあたしに…

ベッドの上で交わしたのは、時々密会するという、いわゆる不倫関係になる約束。

あたしも道明寺も美作さんをいいだけ批判していたのに、あたしたちがそんな関係になるなんて。

啓太とは別れられない。

だって、啓太の事も大好きなんだもん。

ずっとあたしを支えてくれた啓太を、道明寺が好きだからって理由では離婚できないよ。

ズルいってわかってる。

啓太を裏切っているってことも。

だけど、道明寺の優しくて熱い目が忘れられないんだ。

思い出すだけで、体の奥がキュンとなる。

どんな罰でも受けるから、道明寺に会う事を許してください。



数日後

あたしはあの日の女子会のメンバーに呼び出されていた。

何を聞きたいのかはわかってる。

だから、青山のレストランの個室なんでしょ?

桜「率直に聞きます。道明寺さんとどうなりましたか?」

桜子の真剣な瞳。

滋さんの興味津々な瞳。

優紀の不安な瞳。

『きっと理解はしてもらえないって思ってる。すごく自分勝手だし、啓太を傷付ける事にもなる。』

優「え、離婚…するの?」

『まだ、しないよ。だけど、道明寺との関係も切れないんだ。』

滋「つくし、それって不倫ってこと?」

『…ごめん、そうなるのかな。』

桜「道明寺さんがそれで納得してるんですか?」

『あいつの提案なの。あたしが後先考えずに返事しちゃった。』

優「そんなの良くないよ!不倫なんて…」

『わかってる。いつまでも続かないだろうし、あたしに啓太の子供ができたら終わるっていう約束だから。』

滋「司の子供が出来ちゃうかもしれないよ?」

『ちゃんと避妊するし、危険日は避ける。もしも、なんて考えなかったの。考えちゃったらこんな関係できないから。』

桜「先輩、顔に出やすいのに大丈夫なんですか?」

『気を付けてる。今のとこ大丈夫だし。』

桜「私はいつでも先輩の味方です。アリバイには私の名前使ってくださいね。協力いたします。」

『ありがとう、桜子』

滋「つくし、私も応援する。絶対スキャンダルにならないようにしなきゃね。」

『ありがとう、滋さん』

優「私…」

『優紀、無理しなくていいよ。理解してもらえないってわかってて話してるんだから。私を許してくれなくていい。いつか、まともな道を進める日が来たらまた笑い合えばいいんだよ。』

優「つくし…」

滋「ねぇ、どっちが良かった?司と啓太」

『へ?』

滋さんが空気を変えるような発言をする。

滋「どっちもイイモノ持ってそうだよね。」

『滋さん!比べませんってば!』

桜「先輩は贅沢ですね。先輩よりうんと可愛い私の方が、道明寺さんにも高野さんにもふさわしいのに。」

『桜子…中身がいいのよ、あたしの方が』

桜「言うようになりましたね、先輩」

優紀は終始浮かない顔をしていたけど、これは想像していた通り。

協力してくれるって言ってくれた二人の為にも、少しの間だけ夢を見させてもらう事にする。

誰に話せなくても、あの時間は大切だったって思えるように。



スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/23-b3d00acc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR