FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

空を見上げた時 10

『あの4人の周りだけ雰囲気が違う』

帰りの車の中で、皐月が言った。

「確か、F4って言われているらしいよ。東京の英徳学園っていうセレブ校の出身でね。彼らの彼女、妻になるのを夢見る人は多い。皐月も見染められて、満更でもないだろう?」

『お世辞でしょ、あんなの。誰にでも言っていそうじゃない。』

「そうかなぁ。そうは思わないけど?」

『顔が良くて、仕事もできて、お金持ちで。性格が良ければ問題ないのにね。』

「皐月・・・」

『どこか欠落してそう。あたしは嫌いよ、ああいうタイプ』

親の心、子知らず。

交際相手に苦労しているのを知っているから、次こそは幸せな恋愛をしてほしいと思って、見合いとまではいかないけど
紹介したい人がいた。

うちと肩を並べるくらいの企業なら、今まで皐月がしてきた苦労もしなくていいんじゃないかと思う。

誤算だったのは、今日会ってしまった事。

皐月に興味があるようで、それはいいが問題は皐月の方。

うまく行く事を願いつつ、その日までは絶対に皐月にばれないようにしなくては。

人の感情を読み取るのがうまい皐月。

絶対に悟られてはいけない。





あのパーティから1ヶ月。

今日は皐月を連れて千葉の支店へ。

支店長を交え、丸一日会議室に籠りっぱなし。

大学を卒業して、逢坂貿易商社に就職した皐月。

誰よりも勉強熱心で、大学で学んだ英語を生かして周囲に溶け込んでいく。

逢坂の娘、というポジションに甘える事はなく。

新入社員と同じように働き、残業もこなし、電車で通勤する。

その姿をSPから報告される度、本来はこういう生活をするべき子だったのか、なんて考えもした。

皐月の本当の両親は、今でも皐月を探しているのだろうか。

記憶の欠片も思い出したとは言わない皐月。

優しい子だから、自分に気を使っているのではとも思う。

でも、俺は皐月を手放す事は出来ないんだ。

恋愛とは違う、無償の愛、家族愛を与えてくれる彼女を。

皐月が笑って暮らせるなら、彼女の為になら何でもしてあげたいと。

今まで散々バカにしてきた、弟の子供への愛情も。

皐月を養女に迎えた今なら、痛いほどよくわかる。

今の俺の幸せは、皐月が幸せになる事。

その為には、なんだってできるんだ。



「今夜は食事会に行こう。」

『ん?2人じゃないの?』

「僕の友人と一緒だよ。皐月に紹介したいんだ。」

連れ立って向かったレストラン。

案内された個室には、すでに友人家族が来ていた。

「待たせたか?」

「いや。さっき来たばかりだ」

「久しぶり、瑠璃子さん」

「お久しぶりです。」

「類くん、この間はどうも」

「こちらこそ」

そう。

皐月に会わせたかったのは、花沢家。

父親の拓とは高校時代からの友人で、もちろん奥さんも知っている。

類くんにも中学生くらいまでは会っていた。

久しぶりに先月パーティで会った時は、この10年でこんなにも素敵な青年に成長したのかと驚いた。

類くんへの愛情で、行き過ぎた教育をしてしまった夫婦は、政略結婚などを微塵も考えずに皐月と会わせようとしてくれ
た。

それはきっと、俺が常日頃皐月の話ばかりをしているからか。

興味を持ち会ってみたいと言われたからだ。

「お見合いではないよ。それは私と逢坂で約束している。」

皐月に言い聞かせるように言う花沢。

「もちろん、2人が結婚してくれたら言う事はない。でも、それは当人同士が決める事。周囲がどうこうする事ではないよ。」

「私も同じ考えだよ」

その考えに、皐月も類くんも警戒心を解いてくれた。

和気あいあいと、和やかに食事は進む。

会って2回目とは思えないほど皐月と類くんの雰囲気は良かった。

もしかしたら・・・

ふと頭をよぎる可能性を打ち消した。

まさか・・・な。

だとしたら、皐月の名前を呼んでもおかしくはない。

皐月、類さん、と呼び合う2人の関係を。

親として、そっと見守るだけにしておこう。

いつか手放す時が来るだろう、その時まで。





ランキングに参加してます。

ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/222-b6aac250

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR