FC2ブログ

It is a tale like a storm.

司つくしメインです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

時を超えて 23

今日は少し遅くなりました。
司視点です。
では、どうぞ
つくしが俺に隠し事してるのは、わかっている。

嘘がつけない性格は、そうそう治るものでもない。

でも秘書という立場からか、嘘はつかないが“隠す”という所業を覚えた。

答えたくなければ黙るし、話を逸らす。

今回のジョイの事も、口説かれたとはまた違いそうな雰囲気がある。

サッサと言えば、俺はこんな気持ちにならなかったのに。

俺の心はつくしを独占したい、ただそれだけ。

誰の目にも触れない所で、俺だけを想っていればいい。

だけど、つくしはそんな安易な場所に納まる女ではない事はわかっている。

俺と対等に生きたいと言う女だ。

そこも含めて愛しているんだと、記憶を戻してからの俺は割り切って考えられるようになった。

そう思っていても、独占欲だけはなくす事が出来ない。

その欲を満たすのは、つくしにつけたキスマークの数。

他の男には指一本触れさせない。

つくしに触れていいのは俺だけだ。



この間、会社にローズが来た。

何年振りかっていうくらい、会っていなかった。

それもそのはず、ローズに飽きた俺は親父の会社を潰した。

取引先に手を引かせ、社員を引き抜く。

たったそれだけで潰れるような会社だった。

大学で姿を見せなくなって、存在自体を忘れかけていた。

会社の前でエントランスにも入れずに俺を待ち、何かと思えば金をよこせと。

全て俺のせいだ、通っていた店もなくなりお金に困っているらしい。

「もう2度と姿を見せるな」

そう言って、小切手を渡した。

俺に行けと言ったくせに、不機嫌になったつくし。

本当にわかりやすいやつだ。

俺が何を言っても秘書の立場を崩さない。

さっきまでローズに会ってイライラしてたのを簡単に払拭させるくらい、その姿を可愛いと思った。



トムソー社との商談の席。

提携を結ぶまでに、内容を詰めていく。

部下がまとめた資料を元に、互いの利益やこれから立ちあげる新プロジェクトも含め、ヘンリーと話す事はたくさんある。

最近この商談の席には水嶋がつくようになった。

元々俺の秘書だった水嶋でも仕事に支障が出るわけではない。

でも俺は、つくしが傍にいない事に少なからずイライラする。

それを隠せるように大人にはなったが、後でつくしにぶつけてしまうだろう。

今日は病院って言ってたか。

ピルを処方してもらう為だと言われてしまえば、俺も行くなとは言えない。

へ「司はどう思う?」

少し逸れていた意識を再び商談へと戻す。

日本語で進められる商談は、英語では伝わりにくいニュアンスも伝わり円滑だった。

親父とさほど変わらない年齢のヘンリーは、仕事ができるやつにしか興味を持たない。

俺が記憶を戻すまではここまで大きな提携の話など出てこなかった。

一説には、つくしを気に入ってるとも聞く。

うちの会社もつくし次第ってとこか。

ますます面白い女だ。

司「それじゃうちの利益が出ない。ここの数字をどうにか増やせないか?」

ヘ「社に持ち帰り検討してみよう。ジョイ、任せたよ」

ジ「はい、かしこまりました。水嶋さん、少しよろしいですか?」

秘書2人は俺らから少し離れてスケジュールの確認をしている。

俺より少し低いくらいの水嶋を、もっと小さいジョイが見上げている。

時々上目遣いになって、水嶋が頬を染める。

おい、男が男にその反応はねぇだろ。

ヘ「司?」

司「あぁ、悪い。で、ここはどうする?」

多忙な中時間を割いているのに、今日は何だか集中できなかった。


ランキングに参加してます。
ポチっとお願いします。


0574 Web Site Ranking
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://stormstory849.blog.fc2.com/tb.php/128-54604233

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

MAMI

Author:MAMI
原作、ドラマどっちもファンです!
設定が混ざってしまうかもしれません。
お許しください…

不定期にて週2回の更新が今の精一杯です…

たくさんのアクセス、拍手、コメントにいつも感謝してます!

バナーを作ってみました。
さらに、素敵なバナーも頂きましたので好きなのをお持ち帰りください。
当サイトはリンクフリーです。←今さら
好き勝手にペタペタしてくださいませ。


ログイン数

参加中

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR